結婚式で衣装を選ぶ際に気をつけたいこと〜新郎編〜

結婚式場も決まっていざ最初に楽しみにしていることは衣装を決めることではないでしょうか?

 

女性にとってはこの衣装を決めることが一番の楽しみだという人も少なくはありません。しかし新郎はとりあえず、なんでもいいので和服かタキシードをきれればいいやと思っている新郎も多いと思います。

 

しかしせっかくなので新郎にも自分にあう衣装を見つけてきて欲しいです。そこで今回は結婚式で衣装を選ぶ際に気をつけたいこと〜新郎編〜について書いていきます。

新郎でも結婚式の衣装にはこだわりを持つ

                     By: laura dye

普通お呼ばれなどで他の人の結婚式にでる場合は基本的に、男性はスーツの人が多いと思います。中には結婚していて礼服などを着る人もいます。

 

 

しかし大半はスーツです。なので滅多なことがないかぎりはタキシードや和服なんてはきれません。これから先も着ることがあっても数えるくらいしかないでしょう。

 

 

まーセレブなどのあつまりなどにでている人や芸能人などは頻繁に着ると思いますが、まず一般人が着ることは中々ないです。

 

 

和服に関しても、成人式の時くらいにきたことがある人はいると思いますが、そこまで着る機会がありません。滅多に着る機会がないからこそある程度は新郎も衣装に関しては興味を持ってもらいたいのです。

結婚式で着る衣装の選び方

では実際に結婚式で着る衣装の選び方ですが。新郎がきる衣装は、「タキシード」「フロックコート」「モーニングコート」「テールコート」「ブラックスーツ」「和服」などがあります。

 

 

正直ここまで覚える必要はなくほぼ結婚式場で用意されているのがタキシードだと思うので、タキシードか和服でいいと思います。

 

 

そして衣装選ぶ際に気をつけるのが、自分たちの結婚式は何回お色直しをするのを決めないといけません。

 

 

もしお色直しが2回以上なら2着は選ばないといけませんし、お色直しが一回の場合はタキシードはそのままで中のシャツだけを買える方法などもあります。

 

 

しかしお色直しが2回以上になるとさすがに一回は違う衣装に変えたほうがいいです。今は結構和服は前撮りの時にきて当日はタキシードだけというカップルや夫婦の増えてきています。

 

 

どうしても和服はお色直しに時間がかかるので(新婦が特に)当日に着ない人も多いです。なのでそのへんも二人で考えないといけません。

 

 

またタキシードを選び方なのです、絶対に自分だけは決めない方がいいです。自分では似合っていると思っても他の人からみたら明らかに色があっていなかったり、デザインが合っていない場合があります。

 

 

私服ならいいです、あくまで結婚式は他の人に披露するので、最低でも結婚式場の人と新婦には確認をしたほうが無難です。

 

またこちらでは、結婚式に欠かすことができない、ご祝儀について詳しくかいています。

参考記事>>独身の人が結婚式で包むご祝儀の相場とは

新郎の衣装選びまとめ

結婚式場によっては何十種類というタキシードが置いてある結婚式場もたくさんあります。さすがに全部を着るのは大変ですが、最低でも5着以上は着るようにしてください。

 

 

そうしないと他の衣装の比較ができません。あとは色も大事になります。白タキシードが着たいけど、合わないという人もいると思います。

 

 

多少ならいいのですが、中には明らかに合わない人もいます。こればっかりはしょうがないです。一生に一度しか着ないからという理由で着るている人もいます。

 

 

最終的には自己満足の部分が大きくはなると思いますが、あくまで結婚式で自分を披露するということはいつでもわすれないようにしてください。では今回はこれで^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です