独身の人が結婚式で包むご祝儀の相場とは

20歳以上になってくると、徐々に周りが結婚。

そして、結婚式に呼ばれる。

こんな方も多いでしょう。

そんな時に、気になるのが、ご祝儀。

一体いくらくらいご祝儀を包んでいけばいいのか。

これは誰もが悩むものです。

私もちょうど初めて結婚式に呼ばれたのが、20歳のころ。

その時は、ご祝儀の金額を、周りの友達合わせたのを覚えています。

今思うと、金額なんて気持ちなので、関係ないんですけどね。

マジで。

でも、実際に気になる人は多いでしょう。

ここでは、そんな結婚式に独身で、お呼ばれした時の、ご祝儀の相場について書いていきます。

あくまでも、目安ですよ。目安。

独身時の結婚式のご祝儀の相場

独身時代。

自分のために、お金を使いたいから、ご祝儀を出したくない。

できれば、自分のためにお金をつかいたい。

その気持ちわかります。

でも、実際には、結婚式に呼ばれるというのは、特別なことです。

友達や先輩、親戚とのつながりがあるから、呼ばれるわけです。

繋がりがない人は、そもそも結婚式にも呼ばれません。

寂しいですよね。

「俺、結婚式に呼ばれないから、ご祝儀なんて払わなくていいんだ!」

はい。寂しいですよね。

友達がいないわけですから。

むしろ、これから結婚式に呼ばれる人は、繋がりがあるということで、喜んでください。

独身の時は、ご祝儀でお金が出て行く一方なので、お金が勿体無いと思うでしょう。

しかし、ご祝儀はいずれ、結婚した時に大抵の金額は戻ってきます。

相手を、結婚式に呼べばの話ですけどね。

ご祝儀を渡すときは、お金が勿体無いと思うかもしれません。

でも、実際には自分が結婚式をするときには、戻ってくるので、そこまで大きな出費ではありません。

1度、結婚式をやるとわかります。

どれくらいお金がかかるのかが。

その時に、以前から友達などの結婚式に、しっかりとご祝儀を包んでいれば、そのご祝儀の金額が戻ってきます。

1万しか包まなかったら、1万しか戻ってきません。(基本は)

しかし、3万包めば3万は戻ってきます。

だからと言って、無理をして、10万円などは包まなくてもいいです。

結婚式に、お呼ばれした時のご祝儀の金額の相場といっても、

  • 兄弟に渡すのか
  • 親戚に渡すのか
  • 会社の人に渡すのか
  • 友人に渡すのか

などで、多少ご祝儀の金額も変わってきます。

それに独身といっても20代なのか、30代なのでも変わってきます。

このように、一概に独身といっても違いがあるので、まずは自分の年齢と、ご祝儀を誰に包むのか確認しましょう。

では様々なパターンの、ご祝儀を包む場合を書いていきます。

余裕があるなら、それなりの金額の、ご祝儀で渡してもいいですが、相手のことも考えてくださいね。

10万円包んだら、基本は相手も10万円を、アタナに返さないといけません。

逆の立場なら、ちょっと大変ですよね。

そこは、相手はみて決めてください。

大金持ちの坊っちゃんとかなら、大丈夫ですけど。

友人にご祝儀を包む場合の金額の相場

友人にご祝儀を渡す場合は、2~3万円が相場です

20代前半なら、まだそこまでお金もないので「2万円」でもいいかと。

私も20代前半は「2万円」が多かったです。

それ以降の年齢であれば「3万円」包んでだほうが、後々楽。

さすが、5万円とかはキツいと思うので、そこまではいいかと。

ただ、本当に仲がいい友達なら、それくらいも有り。

実際に、私も友達の結婚式で夫婦でだけど、10万円渡しました。

友情は、金じゃないけど、やっぱりお世話になっているし、これからもずっとよろしくねって意味で、10万円払いしました。

結構、相手は驚いていたけど。笑

それと少しここで注意点。

あまりしないほうがいいのが、他の人にいくら包むのかを聞きまくることです。

あくまでご祝儀というのは気持ちなので、他の人と比べるものではありません。

他の友達も同じだったから、同じにすると言う人もいますが、それは参考程度が大事。

最終的には自分の気持ちできめましょう。

参考にはいいですが

会社の人にご祝儀を渡す場合の金額の相場

次に会社関係の結婚式。

出たくない場合もあるよね。

正直な話。

でも、人間はどこで繋がるかわからないから、付き合いは大事にした方がいい。

「お金がないから、いけません。」

なんて、絶対に言わない方がいいですよ。

特に結婚式は。

相手にとっては、一生に一度の結婚式なので。

飲み会くらいなら断っても、良いですけど。

会社の人に、ご祝儀を渡す場合ですが、これは上司なのか、同僚なのか、取引先なのかでも変わってきます。

大体のご祝儀の目安は、上司と取引先なら3~5万で、そのほか同期や同僚なら2~3万の間でいいかと

上司は上司なので3万以上は包んだほうがいいです。

後々の会社での、上司とのやりとりとか考えても。

取引先の場合は5万までは、包まなくてもいいかもしれませんが、自分と取引先の関係によっては、多く包まなくてはいけません。

特に、大事にしている取引先とかは。

それこは、人によって違うので、取引先も最低3万以上と、かんがえればいいでしょう。

同僚は一応友人みたいな感じなので、20代前半なら2万でもいいかな。

ここも、どれくらい仲いいかで、決めて問題ないと思う。

兄弟や親戚にご祝儀を渡す場合の金額の相場

兄貴。

姉貴。

弟。

妹。

従兄弟。

血の繋がりがある人(身内)にご祝儀を渡す場合はどうするか。

兄弟なのか、従兄弟なのかにもよるけど、3~10万円くらいが相場。

かなり広い。

10万は少し多いかもしれませんが、私の知り合いで、長男の方がいて30代の独身だったのですが、弟に10万円ご祝儀を送る人がいました。

男で30代で独身なら、兄弟にはこれくらいは出せるかと。

でも、実際は、兄弟とのつながりや、親戚同士での付き合いで決めていいと思う。

疎遠になっている兄弟なら、そもそも結婚式自体に、呼ばれないかもしれないし。

私は、兄の結婚式では、5万円ご祝儀を包みました。

弟が3万円って、言っていたので、それよりは出さないと、流石に兄としてまずい。

ということで、5万円にしました。

私以外ににも、友人や会社とは違い、やはり身内なので多めにご祝儀を包むという人が多いです。

親戚(従兄弟)に関しては2~3万円と、友人にご祝儀を包むのとあまり変わりません。

普段から、仲がいいなら3万円。

そこまで、仲良くないなら2万円。

これでいいと思います。

独身で結婚式にお呼ばれした時のご祝儀のまとめ

いくら包むか決まりましたか?

ご祝儀なんて、結局は気持ちです。

相手にそこまでの、気持ちがないなら、それなりの金額でもいいでしょう。

さすがに、社会人になって1万円とかは、やめたほうがいいので、最低でも2万円くらいは出してくださいね。

確実に、赤字になってしまうので。

料理代とかだけで、高いところは2万円とかしますから。

1万円なら、半分も赤字です。

それくらい、もろもろと結婚式には、お金がかかっているわけです。

3時間程度で、400万円のお金が、なくなるんですからね。

それを考えれば、1万円なんて金額は包まないはずですよね?

ただ、最終的には、自分で決めることです。

いずれ、自分が結婚した時のことも、考えてご祝儀を決めてみてはどうですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です