>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

バトルチョイス(Battle Choice)P2P投資案件が売却で終了!サイバー東京が新案件?

どうもとしみつです。

ここ最近、P2P投資案件自体は流行っていて色々な組織や会社が参入してますが、その分、比較的早く終了する案件も増えてきています。

今年の1月くらいから始まったバトルチョイスという案件も実は売却という形で終了が決定しました。

今回はそんなバトルチョイスの売却の話と売却後のサイバー東京という案件について少し書いていきたいと思います

また、なんで終わってしまたのか?その辺りも自分なりに検証してみたので、これからP2P案件などに参加予定は方は参考にしてみてください。

バトルチョイスは売却という形で案件終了

まず、バトルチョイスは今回売却をして継続ができなくなって1番の原因はセキュリティ部分がハッキングされたこと。

これは公式サイトで発表されたものです。

調査の結果、セキュリティー部分に攻撃されている事が分かりました。結果、運営側でこれまでの運営金を上回る損害となり、継続が困難な状況となっております。

そして自分たちではこれ以上、ハッキングなどでの対処ができないため、セキュリティに強く資金が豊富な会社に売却すると。

現在のバトルチョイスのシステムではハッキングに対応しきれない為、セキュリティーの強い会社に条件付き基本契約合意のもと、損害以上の金額で買収していただく事が決まりました。

ハッキングされたの事実なのかどうかは僕はわかりませんが、売却をしてバイトルチョイス自体の運営は終了するということは決定みたいです。

そしてバイトルチョイスをやっていたユーザーが持っているアイテムに関しては、売却したお金で返金をするとのことです。

この辺りは本当かどうかはその時になってみないとわかりませんが、個人的には100%戻ってくる保証はどこにもないかなと思いました。

比較的、バイトルチョイスは1月から始まった案件なので、もう少し続くと思いましたが約1ヶ月で終了。

僕は登録だけして実質的な参加はしていませんでしたが、やっぱりやらなくてよかったと今は思っています。

バイトルチョイスの次の案件はサイバー東京

ちなみに売却先が今度新たに行うがサイバー東京という銃をアイテムとしたP2P案件みたいです。

アイテムはまあどんなアイテムでもいいんでしょうけど、こちらは2月中開始予定。

バイトルチョイスをやっていた人は優先的にアイテムの購入などができるフォームもあるみたいなので、探してみてください。

ちなみに、僕はこの案件をやるかと言われるとちょっと微妙

大口とか情報が精査できれば紹介するかもしれませんが、自分自身としてはそこまで情報が取れてない案件なので、推奨はしないです。

セキュリティ強化をしている会社に売却をしてそこの会社がすぐに始めます!ということ自体ちょっと早すぎるとも思っていますし、ユーザーがどれくらい参加するかを見て決めても遅くはないで。

バイトルチョイスがセキュリティ以外で個人的に微妙だと思った部分

もう、終了すること決まったので、今更バイトルチョイスに関してどうのこうのいうことはないですが、そもそもバイトルチョイスって人気がそこまでなかったんですよね。

公式LINEも500前後から増えてなかったですし、勢いがあったのか?と言われるとかなり微妙だなと感じていました。

Twitterなども見ても大口と呼ばれる人たちが多く参加していたわけでもなかったみたいですし、マーケティングをもう少し上手にやればもっと伸びていたと思います。

通貨に関してはトロンベースのUSDTを利用していたので、トラストウォレットがあれば誰でも参加できましたが、やっぱりそこのハードルが高かったのかなと。

もちろん、トロンベースのUSDTの方が送金手数料などが安く済むというメリットもあるので、なれている人には良い通貨なんですけどね。

確か、マリンベイもTRCのUSDTだったと思うので。

僕はP2P案件は運営がしっかりとやれば個人間のやりとりなので、それなりに長く続けられるし、稼ぐことができる案件だと思っています。

でも、運営もどこまでしっかりと考えているのか?これを自分たちでも考えないとダメです

出口戦略を持ってやっているけど、それは本当に進んでやっているのか?

そもそも口だけでやっていないのではないか?

などですね。

P2Pの仕組み自体はうまくできているので、あとは個々の判断にはなりますが、あまりにもメンテナンスとか終了する案件が増えると、国で規制とか入る可能性もなくはないです。

今年はさらに色々なP2P案件が出てくると思いますが、なんでも初期だけやればいいわけではないですから。

あとはやっぱり分散投資をする。

これも大切。

僕はP2P案件だけじゃなくて他の案件も分散投資してやっていますからね。

今だとエレクトリックキャッシュコイン関係、携帯利権

アポロンコイン(Apollon)の特徴は?APOの将来性や上場先などを徹底検証

1つの案件だけで稼ごうとする時点で投資ではないと僕は思っているので、P2Pなどの高利案件をやりながらほかもやる。

そうすればリスクヘッジになるわけですから、いざという時も安心感があります。

まあ、気になる案件などがあればご相談になるので、いつでもご連絡ください^^

では今回はこれで!としみつでした!