>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

Daisy(デイジー)投資は稼げる?参加するメリット・デメリットと登録から紹介プランまで

どうもとしみつです^^

色々な投資案件を僕は検証していますが、今回紹介するのが海外案件の「Daisy(デイジー)」。

すでに知っている人もいると思いますが、デイジーはクラウドファンディング型の仮想通貨案件で、参加すればクラウド利益の一部を報酬として受け取れるとして、多くの投資家たちから注目されています

ただ、個人的には今までずっと調整などを行っていたみたいで、人に紹介できるものではないので自分のリンクなどは発行していません。

それでも「デイジーって案件を詳しく知りたいです!」というお問い合わせを貰ったので、この記事では、

  • デイジーの配当はいくらもらえるのか
  • デイジーの紹介プラン
  • デイジーに参加するメリット・デメリット
  • デイジーの登録方法

などをまとめて解説します。

デイジーへの参加を検討している人は、ぜひ本記事を参考にしてみて参加するかを決めてください。

Daisy(デイジー)とは?どんな案件?詐欺案件?

それではまず、デイジーはどういった案件なのかについて解説します。

デイジーは次世代型のクラウドファンディング

デイジーとは、仮想通貨を使ったAI開発により、クラウドファンディングを行う案件のことです。

仮想通貨のAIトレードに関して高い技術力のあるEndotech社という会社のアルゴリズムを用いて、Endotech社を上場させることを目的としています。

つまり、デイジーはEndotech社を上場させるためのクラウドファンディング案件であり、デイジー自体は会社ではありません。

取引には分散型のスマートコントラクトという形式を使っており、こちらはいわゆるブロックチェーンを使った取引方法です。

ロードマップとしては、2020年の12月にデイジーのAIクラウドファンディングをスタートさせ、2021年にクラウドファンディングで5億ドルの資産運用を目指しています。

そして2022年にEndotech社を上場させて、2023年にはデイジーファウンドにAI取引を追加する予定のようです。

デイジーのクラウドファンディングに必要なトロン(TRX)

デイジーのクラウドファンディングには、トロン(TRX)という仮想通貨を使用します。

トロンはエンターテイメント特化の分散型ストレージプラットフォームといわれており、中国をメインとした仮想通貨です。

いわゆるブロックチェーン型の仮想通貨で、低コストかつ高性能なスマートコントラクトを運用できるのが特徴。

動画などのコンテンツを投稿することにも強みをもっており、2022~2023年にかけては、独自トークンの発行やオンラインゲームプラットフォームの構築なども目標としています。

上記のことから、トロンは今後さらに注目度が高まり、コインの価値自体も高騰する可能性があるでしょう。

ちなみに、トロンのウォレットの中でもデイジーの運用に使えるのは、クレーバーウォレットとトロンリンクの2種類です。

デイジーに参加した場合の配当

続いて、デイジーに参加した場合の配当を見てみましょう。

まず、デイジーに参加する際の最低投資額は100ドルからで、投資額によってティア(階層)というものが決まっています。

参加者すべてに均等に配当されるのは、Endotech社の5%の株式です。

そして出資した額の50~70%は、開発資金として使われます。

もし開発資金の中から利益が出れば、その利益の70%は参加者に還元される仕組みです。

開発利益が出た場合の残り30%ですが、15%は紹介プランの運用に、あとの15%はEndotech社の手数料などにあてられます。

また、パッケージ額の46%は紹介プランの運用費として使われます

紹介プランへの参加は自由なため、紹介者を出すのが苦手な人や、自分一人で運用していこうを考えている人は、紹介プランに参加しなくてもOKです。

紹介プランによってさらに高い報酬を受け取りたい人は、参加を検討してみるといいでしょう。

デイジーのティア・テーブル

上記でデイジーのティアについて解説しましたが、詳しいティア・テーブルはこちらです。

100ドルのパッケージを購入すると階層1、200ドルのパッケージを購入すると階層2、というように、各ティアによって倍ずつのパッケージを購入できます。

ティアは全部で10段階あり、1~7のティアは50%を開発費用に、8~10のティアは70%が開発費用にあてられます。

なお、ティアのパッケージは原則として、各ティアを飛び越えての購入はできません

たとえば、最初に100ドルのパッケージを購入したら次は200ドルのパッケージを購入できますが、いきなり400ドル・800ドルのパッケージは購入できない決まりです。

ティアのレベルは紹介プランでもらえるボーナスにも関係しているので、各ティアの購入額や開発口座の割合などは覚えておきましょう。

デイジーの紹介プラン

それではここから、デイジーの紹介プランについて解説します。

デイジーの紹介プランは、主にこちらの7つです。

  • 直紹介ボーナス
  • フォースドマトリックス・プレイスメント
  • マトリックスボーナス
  • マトリックスチェックマッチングボーナス
  • ペースセッターボーナス
  • ペースセッターリーダーボーナス
  • ユニレベルボーナス

直紹介ボーナス

こちらは、誰かを直接紹介するとその人が購入したパッケージ額によってもらえるボーナス。

受け取れる報酬額は、一律で5%と決まっています。

資格要件は特に設けらえておらず、自分のティアに関係なく、紹介した人の分だけ報酬を受け取れる仕組みです。

たとえばあなたが購入したパッケージが100ドルでも、紹介した人が200ドルのパッケージを購入すれば、10ドルの報酬が受け取れます。

フォースドマトリックス・プレイスメント

こちらは、チームの力が強ければ強いほど、あなたにスピルオーバーが降ってくるボーナスです。

左側はスピルオーバーなしの事例で、トップの人が下に紹介者をつけると、1・2・3と画像のような十番で配置が進みます。

そのため、1番の人は誰も紹介していなくても、上の人が紹介者を増やせば、自分の下につく2段目までの紹介者からボーナスを受け取ることが可能です。

そして右側は、スピルオーバーがある事例。

一番上にいるグレーの人の紹介者が付いたり、黄色の人の紹介者が付いたりなど、早い者順で配置が進んでいきます。

ですので、たとえば10人が一斉にトロンを購入したとしても、ブロックチェーン上で少しでも処理されたタイミングが早かった人が、上位に配置される仕組みです。

マトリックスボーナス

デイジーでは、マトリックスによるボーナスもあります。

マトリックスは投資額に応じて10個のレベルがあり、自分が参加したマトリックスの額に応じて報酬がもらえるボーナスです。

たとえばあなたが100ドルで参加した場合、100ドルのマトリックスから最大10段までのボーナスが獲得できます。

もし次のレベルのマトリックスボーナスをもらいたいなら、その額に応じたパッケージを購入し、アップグレードしなければなりません。

もしあなたの下に400ドル・800ドルといったマトリックスの人がいても、あなたのマトリックスが100の場合は、もらえるボーナスは100ドルのうちの何パーセントかです。

そのため、100ドルから200ドルのマトリックスにアップグレードしたいなら、次の200ドルのパッケージを購入する必要があります

マトリックスでもらえるボーナスの配当はこちらです。

上記にある白色の上2段に関しては、自分が誰も紹介していなくも獲得できるボーナスです。

そして黄色い3段目以降のボーナスに関しては、誰かを直接紹介することでもらえるようになります。

もらえるボーナスはティアやメンバー数によって異なり、たとえばマトリックス3レベルのボーナスは、ティア1~7で3%、ティア8~10で1.5%です。

ただし、マトリックスのロックをアップグレードするには、各レベルに応じたパッケージ額や合計額などの条件をクリアする必要があります

なお、デイジーのマトリックスボーナスは、自分が登録してから48時間の間は直紹介人数や合計額の条件が撤廃されます。

そのため、登録してから48時間以内であれば、紹介者を出せば出すほどその分のボーナスが獲得可能です。

マトリックスチェックマッチングボーナス

こちらは、自分が紹介した人がマトリックスで報酬を得た場合、その金額の10%をもらえるボーナスです。

仮に、あなたが紹介した人が100ドルのパッケージを購入したとします。

そしてその人がさらに100ドルの紹介者を出した場合、あなたが紹介した人にはマトリックスボーナスの4ドルが、あなたにはマトリックスチェックマッチングボーナスの40セントが入る、という仕組みです。

ただ、こちらもジェネレーションやマトリックスのレベルによってもらえるボーナスが決まられています。

上の画像例では、あなたはジェネレーション5までしか到達していないので、ジェネレーション6から下のボーナスはもらえません。

そしてティアレベルが100ドルだった場合、マッチングボーナスに適用されるのは100ドルのマトリックスです。

ペースセッターボーナス

ペースセッターボーナスは、デイジーに登録してから30日以内にマトリックスレベル3を達成すると、もう1段マトリックスレベルを上げてもらえるボーナスです。

たとえばあなたが30日以内のマトリックスレベル3を達成した場合、無条件でマトリックス4の資格をもらえます。

さらに、30日以内にレベル10をアンロックすると、ゴールドペースセッターという権利を獲得可能です。

ゴールドペースセッターになると、通常のマトリックスボーナスに加えて、すべてのクラウドファンディング額から1.8%のシェア、そして開発費用の1.25%もボーナスとして受け取れます

クラウドファンディング資金の関しては、日本や限定されたユーザーや自分のグループだけでなく、世界中すべてのユーザーが対象です。

もしゴールドペースセッターになればかなりの額のボーナスがもらえると予想されるので、もし高額なボーナスを獲得したいなら、ゴールドペースセッターを目指してみるといいのではないでしょうか。

ペースセッターリーダーボーナス

こちらは、あなたが直接紹介した人の中からゴールドペースセッターが誕生した場合、3人につき1シェアがもらえるボーナスです。

たとえば、あなた自身がゴールドペースセッターになったらその時点で1シェア分、さらに直紹した3人がゴールドペースセッターになれば、2シェア分のボーナスを受け取れます。

シェアの配当は、条件を達成した全世界のリーダーが対象です。

もし直紹介の中から30人のゴールドペースセッター達成者が出れば、あなたは10シェア分のボーナスがもらえるので、こちらも紹介者の数によってはかなり高額なボーナスになると予想されます。

ユニレベルボーナス

ユニレベルボーナスは、権利収入によってもらえる報酬です。

たとえばあなたの紹介した1レベルの人が開発利益をもらい、その配当を出金した場合、あなたに3.5%が権利収入として入ります

また、もらえる報酬はその紹介者のレベルに応じた、ユニレベルの10段です。

もし紹介した人のレベルが2レベルなら1%、3レベルならさらに1%と、各紹介者が出金する度に権利収入がもらえます

権利収入に上限はないので、直接紹介者が権利収入を得て出金すればするほど、あなたも多くの権利収入を獲得できるシステムです。

なお、通常は出金する度に30%の手数料がEndotechに入りますが、出金せずにウォレットにずっと入れていた場合、3か月ごとに自動的に30%が手数料としてEndotechに支払われます。

デイジーに参加する3つのメリット

ここからは、デイジーに参加するメリットを見てみましょう。

デイジーの主なメリットは、以下の3つです。

  • 参加すれば自動で配当がもらえる
  • 紹介者を出さなくても報酬が発生する
  • 実績のあるEndotech社が運用元のため信頼度が高い

参加すれば自動で配当がもらえる

デイジーのメリットとしてまず挙げられるのは、参加すれば自動で配当がもらえること。

こちらはデイジー最大のメリットといってもいいでしょう。

一般的な仮想通貨案件などは、コインの売買や価格の変動など、運用するうえで常に情報チェックや操作をしなければなりません。

しかし、デイジーはクラウドファンディング型の案件なので、一度参加すれば売買や難しい操作などは必要なし。

何もしなくても自動で配当が入ってくるので、忙しい人や常に情報をチェックできない人でも参加できます

もちろん、紹介者を多く出したい場合は紹介する手間などは必要ですが、それ以外の操作などが必要ないのは、デイジーの大きなメリットといえるでしょう。

紹介者を出さなくても報酬が発生する

デイジーの2つめのメリットは、紹介者を出さなくても報酬が発生する点。

記事の冒頭でも解説したように、デイジーに参加すると投資した額の50~70%はAIシステムの開発に、残り46%は紹介プランの運用にあてられます。

そして最終的にEndotech社が得た利益の85%が、出資者へと利益分配される仕組みです。

こちらの報酬は紹介プランに参加していなくても獲得できるので「紹介者を出す案件はちょっと」という人でも、参加しやすい案件といえます。

ただ、紹介者なしでもらえる報酬は、Endotech社が達成した利益からもらえる額です。

そのため、どれくらいの利益がいつ入ってくるのかの具体的な予測はできません。

より高い利益を得たいなら、紹介者を出す必要があることも覚えておきましょう。

実績のあるEndotech社が運用元のため信頼度が高い

Endotech社は、既に仮想通貨におけるAIシステムの開発や運用など、実績のある会社です。

実際にBeyondwealthのAIシステムなどは、このEndotech社が開発していました。

そのため、ほかの会社情報や運営企業の情報が不透明な案件とは違い、会社としての信頼度も高めです。

また、CEOであるアンナベッカー博士が手掛けた機械学習システムは、ドラゴンホールディングスやMFGlobalといった銀行やファンドのシステムにも統合しています。

このように、実績のあるEndotech社が運用元なので、ほかの怪しい案件と比べると信頼のおける案件だといえるでしょう。

デイジーで気を付けておくべき2つのデメリット

ここまで紹介したプランやメリットばかりを見ると、いいことばかりのように思えるデイジー。

しかし、実は参加する前に知っておくべきデメリットもあります。

それが以下の2つです。

  • サービスが終了した場合の保証がない
  • 基本的に表記は英語のみなので分かりづらい

サービスが終了した場合の保証がない

デイジーは仮想通貨を用いてクラウドファンディングを行い、そこから得た利益によって配当をもらえる案件です。

しかし、ういった仮想通貨を使う案件は、サービスが終了した場合の保証がありません

クラウドファンディング型ではない仮想通貨案件なども、過去にサービスが突然終了して会社が飛び、投資に使った高額なお金が損失になってしまった、という事例はいくつもあります。

デイジーの運用元であるEndotech社は実績もあるとはいえ、それでも100%安全とは言い切れません。

突然サービスが終了し、デイジーに投資したお金が出金できない、ということも考えられます

元本を保証してくれる制度などもなく、場合によっては投資前よりも合計額が損をしてしまう可能性も。

こういったケースになったとしても、一切の保証がないことは覚えておく必要があります。

とはいえ、仮想通貨を扱う案件はほとんどが保証のないものばかりです。

基本的にこのような案件に参加する場合は、もしものことがあってもすべて自己責任であるということは、念頭に置いておきましょう。

基本的に表記は英語のみなので分かりづらい

デイジーのもう1つのデメリットは、サイトの説明やメール案内などが基本的に英語表記のみでわかりづらいこと。

デイジーの公式ページを見るとわかりますが、サイトも英語での表記なので少し分かりづらいです。

日本語の翻訳も可能なものの、自動翻訳なので細かい説明や語句などは実際とは異なる場合もあります。

さらに、デイジーの公式から発表される新情報なども基本的に英語なので、情報を知るためには自分で英語翻訳、もしくは誰かが翻訳した情報を確認することが必要です。

基本的にGoogleの自動翻訳機能などを使えばある程度の情報は把握できますが、一部の表記・情報はわかりづらいことがあることも、使用する前に覚えておきましょう。

デイジーの登録方法

それでは最後に、デイジーの登録方法を紹介します。

トロンリンクのウォレットアプリをダウンロードして、ウォレットを登録する

デイジーを利用するためにはまず、トロンリンクのウォレットアプリをダウンロードする必要があります。

トロンリンクのウォレットアプリページには、デイジーの公式サイトにあるリンク、もしくはトロンリンクウォレットアプリの公式ページを検索してみましょう。

トロンリンクウォレットアプリを開くと、以下のようなトップ画面が表示されます。

トロンリンクのウォレットアプリはスマホとパソコンどちらからでも登録可能です。

スマホから登録する場合は「Android」か「iOS」、パソコンから登録する場合は「Chrome extension」を選択しましょう。

そして各ページから、トロンリンクのウォレットアプリをダウンロードします。

トロンリンクのウォレットアプリをダウンロードできたら、次はウォレットの登録です。

ダウンロードが終わるとアカウント名とパスワードの画面が表示されるので、好きなアカウント名・パスワードを決めて入力します。

するとウォレットの秘密鍵が表示されるため、メモなどに控えておきましょう。

この秘密鍵は、端末の買い替えやアプリの再ダウンロード時、トロンリンクウォレットのデータを復元するために必要なので、メモしたものは失くさないよう大切に保管しておいてください。

秘密鍵のバックアップを取ったら、再度秘密鍵の入力画面が出てくるので、先ほどメモした秘密鍵を入力すればトロンリンクウォレットの登録は完了です。

なお、ここではトロンリンクウォレットの登録方法を紹介しましたが、クレバーアプリからも同じようにデイジーの登録ができます。

最低100ドルのトロンを準備する

トロンリンクウォレットの登録が終わったら、次は最低100ドルのトロン通貨の準備が必要です。

ここでは、ほかの仮想通貨取引所などからトロンを入金する方法を紹介します。

まずはトロンリンクウォレットのトップページにある「TRX」をクリックしましょう。

次にコインの送受信画面が表示されるので、「受け取る」というボタンをクリック。

すると受信用のQRコードとアドレスが表示されるので、あとは送金元の取引所にアドレスを入力し、必要な金額を送金すれば、トロン資金の準備は完了です。

トロンリンクウォレットアプリから登録フォームを開く

トロンを準備したら、次にトロンリンクウォレットから登録フォームを開きます。

アプリのトップ画面を表示すると、画面下に「Discover」という項目がありますが、これがブラウザーを開くタブです。

Discoverをクリックするとブラウザー画面に飛ぶので、その画面の上部で紹介者からもらったリンクアドレスをコピペしましょう。

次にデイジーのトップ画面に移るので、ページを下にスクロールして「username」を入力します。

紹介者の名前とウォレットアドレスは自動で反映されるため、入力する必要はありません。

必要事項を入力したら「Sign Up」をクリックして、デイジーの登録は完了です。

購入するパッケージ額を選び、プレイスメントを獲得する

デイジーの登録が完了したら、次はパッケージを購入してマトリックスのプレイスメントを獲得します。

デイジーのトップページを開くと、画面中央に白いタブで「TIER1」「TIER2」などの項目があるので、確認してみましょう。

最初はエントリーレベル1からしか購入できないため、「TIER1」というタブをクリック。

必要な購入額などを確認したら、「Confirm Payment」というボタンを押しましょう。

すると自分のウォレットから自動でパッケージ額分の資金が支払われので、プレイスメントの獲得も完了です。

あとは自分が希望するティアなどを追加で購入しながら、デイジーを運用できます。

クラウドファンディング型の投資に興味があるなら、デイジーは要チェック!

デイジーは次世代型のクラウドファンディング案件であり、参加すればクラウド利益による配当がもらえます。

紹介プランに参加すればさらに紹介ボーナスも獲得できますが、紹介者を出さなくても参加することは可能です。

ただし、もしも参加したあとでサービスが突然終了するようなことがあっても、投資に使った資金の保証などは一切ありません。

すべて自己責任での参加になるので、デイジーに参加するならそういったリスクがあることも覚えておきましょう。

個人的にはそこまでおすすめはしていない案件なので、やる人は十分気をつけて投資してくださいね^^

では今回はこれで!としみつでした!