>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

ゴッドソードはバグが多い?GODSWORDを実践してわかった本当にデメリット

どうもとしみつです。

仮想通貨盛り上がっていますよねー。ビットコインに関しては200万円超え。

そして他のアルトコインなどもそれに釣られてかかなり上がってきています。

バブルまではまだいってないと思いますが、徐々に人が増えてくれば更に高値を更新するのは間違いなそうです。

そんな中、僕が少しづつ紹介しているこちらの案件、ゴッドソード(GODSOWRD)

 

すでに利益が出ている人も増えてきて月収100万円も夢ではない案件だということがわかりました。

おそらく今後もっと人が増えることが予想され剣の種類も多くなれば爆発しそうな勢いがある。そんな気がしてます。

もちろん、投資ですのでリスクも承知ではやっているんですけどね。

そこで今回はゴッドソードをやってみてわかったデメリットを紹介していきます

メリットばかり書いているとどうしても「会社に近い人間で推奨しているだろ!」とか言われそうですから笑

僕はあくまでも中立の立場で稼げそうな案件は稼げるといいますし、ダメな案件ならダメっていいますので^^

では早速紹介していきますね!

ゴッドソード(GODSWORD)を実践してわかった5つのデメリット

ゴッドソードなどのP2P案件はしっかりと仕組みを知れば稼げる案件ではありますが、永遠に続くとは思ってないですし、現状では結構僕自身も不満があることも多いです。

その不満がこちらの5つです。

ゴッドソードのデメリット

  • 管理画面のバグが多くサイトが重くて操作しづらいときがある
  • 公式サイトからの発表が遅い
  • 仮想通貨初心者にはハードルが高い
  • 購入をゴールドにすると消費が遅くなる
  • 海外取引所からゴールドを購入できない

管理画面のバグが多くサイトが重くて操作しづらいときがある

ゴッドソードは12月1日にプレオープンをして12月10日に一応グランドオープンをしていますが、まだまだ管理画面などでバグが多いのも事実です。

例えば剣の保有期間が終わっているのに、マッチング失敗と出るバグなどが現状ではあります。

次の日に無事にマッチングされて売却はされたみたいですが、そもそもオープンしてすぐにマッチングが失敗すること自体がちょっとおかしいですよね?

なので、バグではあるんですが、それでもこういう表示の上のバグが多いのが今のゴッドソードです。

ただ、バグなどは報告すればアップデートをして早めに解消されることが多いので、もし変なバグなどがあればチャットで運営側に連絡すると結構対応が早いことが多いです。

あと、ゴッドソードは基本的にスマホでもパソコンでもブラウザを利用して操作をしますが、たまにサイトが重くて使えなくなるときがあります

サーバーの負荷などによってそういうこともあるみたいですが、今後はアプリなども開発してくれるといいなーと個人的には思っています。

公式サイトからの発表が遅い

今はゴッドソードの運営側もかなり忙しいのか、公式サイトからの発表が遅いことが多いです。

いきなり仕様が変わっていたり、仕様が変わったことの発表が遅れたりすることがあります。

リアルタイムに発表というのは難しいとは思いますが、それでもできるだけ早く色々と発表はしてほしいと個人的には思っています。

こういう案件ってやっぱり最初が重要で肝心ですからね。

利用しているユーザーが不満に思ったり、不安になったら絶対に伸びないです。

なので、今後はできるだけ公式サイトからの案内などは迅速にしてほしいです。

仮想通貨初心者にはハードルが高い

ゴッドソードでは基本的に利用する仮想通貨はUSDTのみ。

他のビットコインやイーサリアムなどの通貨は対応していません。(今後はするかも)

ですので、仮想通貨を初めてやる人にとってはおそらくこのUSDTを取得することがめちゃくちゃハードルが高いです

USDTはテザーと呼ばれる通貨で国内取引所では購入することができませんから。

仮想通貨(暗号通貨)の国内取引所おすすめランキング!ビットコイン買うならここ!

実際に僕の参加者さんも数多くいますが、USDTの購入が面倒くさいから参加していないという人も多くいます。

今後はビットコインも対応するみたいな話は聞いていますが、それがいつから実装されるのかはまだまだわからないので、現時点では仮想通貨初心者の人にはハードルが高いかな?と個人的には思っています。

もちろん、僕のグループではそんな初心者の人もUSDTを購入できるようなマニュアルは作っていますし、海外取引所を利用しないで手に入れる方法なども紹介しています。

購入をゴールド(自動)にすると消費が遅くなる

ゴッドソードの剣の購入方法は

  • ゴールド
  • USDT
  • PayPay

の3つがありますが、ゴールド以外はすべて手動で相手とのやりとりがあります。

ゴールドだとすべて自動でやってくれるのでほぼ放置でも問題はありませんが(マッチングの設定は毎日見直す必要はある)、手動で抽選を受ける場合よりも多くのゴールドが必要になります

例えば、ウッドソードを10本予約して抽選を受けるとします。

USDTやPayPayなどの手動ではマッチング手数料だけで済むので、

ウッドソード予約金2G×10=20G

20Gだけあれば抽選を受けることが可能です。

しかし、ゴールドだとマッチング手数料以外にも予約金として以下のゴールドが必要になります。

  • ウッドソード→15G
  • アイアンソード → 60G
  • クリスタルソード→ 240G
  • ホーリーソード → 900G
MEMO
以前はもっと予約金が高く設定されていましたが、変更になるみたいです。

なので、USDTなどの手動ではウッドソード10本なら20Gですむところが、別途15G×10本=150G。

150G+20G=170G

170Gも必要になるわけです。

同じ本数を予約してもこれだけゴールド数が違うといくら自動といっても、ゴールドの消費は遅くなり、現金化するまで時間がかかるというリスクが出てきます。

今後、ゴールドからUSDTへ交換ができる機能などが追加されればいいんですが、現状ではそれがないのでゴールドにすべて交換するというやり方はちょっと微妙だなと思っています。

海外取引所からゴールドを購入できない

そして最後がゴッドソードへ送金してゴールドを購入するときはあくまでも個人ウォレットのみの対応だということ。

ハードウォレットやトラストウォレットなどのモバイルウォレットアプリなどですね。

【図解入り】ゴッドソードにトラストウォレットを利用してUSDTを送金・入金する方法

USDTは海外取引所であれば購入することができるので、そのまま海外取引所からゴッドソードへ送金してゴールドを購入できればいいですが、それが今はできません。

間違って送金してしまった時は運営側で対応はしてもらえるみたいですが、その対応もいつまでしてもらえるかわかないので、間違ってやると資金が失われる可能性もあります。

海外取引所を経由しないでもUSDTは購入してゴールドを購入する方法はありますが、それでも購入方法の選択肢はたくさんあったほうが参加する人もしやすいですからね。

デメリットは今後解消されると思う

今回紹介したデメリットはあくまでも僕の主観によるものがほとんどです。

今後改善されていくとは思いますし、改善してほしいと思い、今この記事を書いています。笑

最初から完璧な案件とかはないですから、バグとかそういうのもあるのはある程度は仕方がないと思っています。

ただ、それでもしっかりと迅速に公式サイトからのアナウンスはほしいとは思います。

まあ、僕もデメリットを書くってことはそれだけ期待しているってことでもあるんで、運営側には頑張ってほしいですよね。

実際に10日ほどやってますが、稼げるって事実はわかったので。

ということで今回はこれで!としみつでした!