>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

ゴッドソードの取引はゴールド(自動)とUSDT(手動)どっちがいい?それぞれのメリット・デメリット

どうもとしみつです。

徐々に仕組みについてわかってきた部分が多いゴッドソードですが、他の案件とは違いアイテムを売買して利益を得るという少し新しい投資方法なので、参入ハードルが高いと思っている人も多いみたいです。

確かにUSDTを購入しないといけないとか少し難しい部分はあるかもしれませんが、それでも当グループでは購入のハードルを低くするための簡単な購入方法を紹介しています。

そして今回記事として紹介するのがゴールド(自動取引)とUSDT・PayPay(手動取引)どちらがいいのか?という問題について現状で僕が感じていることは書いていきます。

すでにゴッドソードをやっている人はもちろんですが、これからゴッドソードに参加予定の人も参考なると思うのでぜひ見てみてください。

ゴッドソード(GODSWORD)でゴールド(自動)で取引するメリット・デメリット

まずゴッドソードをゴールドでやるメリットとデメリットがこちら。

ゴールドのメリット

  • 自動で売買ができる
  • 手数料がかからない
ゴールドのデメリット

  • 資金がロックされる
  • 当選率が低いと無駄になる
  • 資産を運営に預けているリスク

まず、1番のメリットとしては自動で売買をしてくれること。

ゴールドは簡単にいえばゴッドソード内の通貨みたいな感じで、ゴールドですべてやれば運営側が後は自動で売買をしてくれます。

なので、ほぼ放置で取引がしたい人にはゴールドがおすすめではあります

それにゴールドはゴッドソード内で使える通貨なので手数料などもほぼかかりません。

ただ、個人的にゴールドでやったみた感想としては抽選して剣が多く当選しないとゴールドにした資金がロックされたままになってしまうので、非効率かな?と現状では考えています

どういうことかというと、ゴールドで剣の抽選を受けるには剣の最低価格が必要になります。

ウッドソードなら50G。アイアンソードなら200G。

そして毎回当選をしていけばいいのですが、当選率が10%を切ったりすると預けているゴールドが無駄になってしまうんですよね。

それにすぐに運営がダメになるということはないですけど、一応リスクとしてはあるわけですからね。

今後ゴールドがしっかりとUSDTへ交換できるようになるなら全然いいですが、現状ではそれがないので僕は全力でゴールド推しは微妙かなと思っています。

ゴッドソード(GODSWORD)でUSDT(手動)で取引するメリット・デメリット

では、次にUSDTで取引するメリットとデメリットがこちら。

USDTのメリット

  • 少ない予算で抽選できる
  • 資金を預けるリスクがほぼない
USDTのデメリット

  • 価格が低い剣だと手数料で損をする

USDTの1番のメリットは資金を預けなくてもいいということ。

やっぱりリスクを少しでも回避するには運営側にお金を預けないことが大切なので、信用できるまで売れたらUSDTで送金したほうがほぼリスクなしでいけます。

あとは少ない予算で抽選を受けることができることです。

例えば、ホーリーソードをゴールドで抽選しようとすると最低価格が3000ドルなのでサブアカウントをすべて利用するとなると

10×3000=30,000

30,000ゴールドが必要になります。

1ゴールド=1USDTなので300万円以上。資金力があるならいいですが、現実的問題ここまで投資できる人は少ないと思います。

しかし、USDTのマッチングであれば予約金だけあればいいのでホーリーソードなら

120×10=1200

最低でも1200ゴールドだけあれば毎日ホーリーソードの抽選が10個受けることができるのです

流石に10個中10個あたることは少ないとは思いますが、仮に10個ホーリーソードがあたればそれだけで利益が75万円(手数料は別)でますから、かなり大きいですよね。

ただ、その代わりにUSDTでは送金手数料がかかってしまうので、安い剣を購入するとなると手数料で利益が吹き飛んでしまう可能性はあります。

なので、USDTでやる場合はできるだけ高い剣を抽選に当てて、安い剣に関してはゴールドを使って自動でやるという戦略が今はいいかもしれません。

最初は僕も自動でガンガンやった方がいいって思いましたが、ちょっと抽選率が悪くなってきたので安い剣はゴールドですけど、ほかはUSDTでやってます。

ちなみにPayPayはどうなの?良い?悪い?

ちなみにマッチング方法としてはPayPayという手段もありますが、おそらくほとんど利用している人はいないと個人的には思っています。

それはなぜかと言うとPayPayでは1日あたり10万円、1ヶ月あたり50万円までという制限があるからです。

ですので、金額低い剣をずっと購入していくならいいですが、クリスタルソードやホーリーソードのような高額の剣を購入するとなるとすぐに上限に達してしまいます。

それにマッチングは同じマッチングをしている人同士のやりとりになるので、PayPayを利用している人が少ないとそれだけ剣の抽選も低くなるということになります。

ゴッドソードのようなP2Pの案件は抽選してアイテムを購入することが稼ぐための秘訣なので、抽選率が低い方法を選ぶのは僕はあまりおすすめできません。

もちろん、PayPayを利用する人が増えてくればいいのですが、

  • 高い剣の購入が難しい
  • 上限が決まっている

この2つのデメリットがPayPayにはあるので、ゴールドやUSDTほど人が増えるイメージが今のところないです。

ただし、普段からPayPayを利用している人であればわざわざUSDTなどを用意する必要はないので、その点に関しては楽かなと思います。

PayPayに関しても時間があるときに検証はしていくので、そのときはブログにしますね!

ゴールドにしろUSDTは必要になるからUSDTの取得方法は覚えよう

自動でゴールドでやるにしろ、手動でUSDTやPayPayでやるにしろ、USDTは基本的に利用することがほとんどなので、USDTの購入方法などは覚えておくのがおすすめです。

ゴッドソード(GODSOWRD)に参加できない?USDTを購入する3つの方法!

送金方法なども一度覚えてしまえば数分もかからずに済むので、難しくありません。

放置で楽にお金が手に入ればそれは最高ですけど、やっぱり自分でとりあえずやってみるということは大切だなと考えています。

プランスゴールドのときにも何も知らずにやっていて、出金方法すらわからない人が多くいましたからね。

同じ失敗を繰り返さない。

これが今ボクがめちゃくちゃ意識していることです。

なので、僕のグループチャンネルでは、USDTの購入方法をいくつか紹介して自分でやりやすい方法でUSDTの取得をしてもらっていますし、わからないことはすべて個別サポートで教えています

どの投資案件もそうですが、わからないことが聞けて不安がなくなるグループや紹介者の下でやることは最も大切です。

これからあなたがゴッドソードや他のP2P案件などをやるときも、やる環境は大切だということはぜひ覚えておいてくださいね^^

では今回はこれで、としみつでした!

ゴッドソードのサポート付きの登録に関しては下記のLINEからお問い合わせください^^