>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

ゴッドソードの管理画面の見方や操作方法!出金方法についても解説します!

どうもとしみつです。

12月はPGAのことから他の案件などのサポートなどでフルに動いていたので、師走だというのに全く落ち着けていませんw

まあ、でもPGAでは本当に悔しい思いをしましたから、2021年は最高の1年にするために色々と動いています^^

そして僕が投資している1つ「ゴッドソード」。

すで僕から参加してくれている人も100人ほどは増えてきて、これから更にサポートはやばくなるのは確実なのですが、正直いま始めない理由がないほど稼ぐことが可能です。

収益などについてこちら記事を見てほしいですが、利益ベースならすでに僕は100万円以上の利益を得ています。

【実践報告】ゴッドソードを2週間試した収益を大公開!利益は月利〇〇%?

来月以降は複利で運用するので300万円、500万円も夢ではないという確信が持てたので、これから更にガンガン投資する予定です。

今回の記事では、そんなゴッドソードの管理画面の見方や出金方法などの基本的なことを紹介していきます

特に難しいことはありませんが、管理画面の見方などの基本的なことはしっかりとおぼえておくようにしましょう。

ゴッドソード(GODSWORD)の管理画面の見方!

ゴッドソードの管理画面できる操作は以下の9つです。

管理画面

  • 購入
  • マッチング
  • 出金
  • トレード
  • 取引履歴
  • リファラル
  • 招待
  • 設定
  • ログアウト

ではそれぞれ簡単に説明していきますね!

購入はゴールドを購入する項目

まずトップ画面に購入というボタンがあると思いますが、ここではアイテムの購入に必要はゴールドの購入をする箇所です。

購入ボタンを押すと

購入ボタンの中身

  • 購入
  • 送信
  • 履歴

それぞれ3つの項目があり、ゴールドを購入する際は購入を選択して外部ウォレットからなら記載されているUSDTアドレスに購入したい数量を入力して送信します。

送信が完了したら、トランザクションIDをコピペして提出ボタンを押せばゴールドの購入をすることができます。

詳しいゴールドの購入方法などについてはこちらの記事をご覧ください。

【図解入り】ゴッドソードにトラストウォレットを利用してUSDTを送金・入金する方法

送信という項目は自分の持っているゴールドを他のユーザーに送る時に利用します。

ゴールドの送金はめちゃくちゃ早いの遅くても数分で送ることが可能です。

たくさんのアカウントを利用してゴッドソードをやっている人は結構利用価値がある操作なので、覚えておきましょう。

ゴッドソードなどのP2P投資案件で使える効率よく稼ぐための方法

そして最後の履歴は今まで購入したゴールドの数量や紹介者からのアフィリエイト報酬を見ることができます。

購入から送信、受信まですべて一覧で確認できるので、これをエクセルなどにまとめておくのもおすすめです。

アフィリエイト報酬に関しては1番右のリワードをいう部分を押すと、

アフィリエイト報酬の一覧をズラッと出てきます。

紹介者を出していない人などにはあまり関係はないですが、紹介者を出してアフィリエイトも頑張っている人は是非確認してみてください。

マッチングページではアイテムの抽選や売却の保有期間を確認できる

マッチングページは、アイテム購入の抽選を受けたり、保有しているアイテムの売却期間をなどを確認できます。

購入では、

  • ゴールド
  • USDT
  • PayPay

この3つからアイテムの予約をすることができ、基本的にはマッチング手数料で抽選を受けることができますが、

  • ウッドソード:2G
  • アイアンソード:8G
  • クリスタルソード:32G
  • ホーリーソード:120G

ゴールドは別途、抽選する剣に応じて別途ゴールドが必要になります。

  • ウッドソード:15G
  • アイアンソード :60G
  • クリスタルソード :240G
  • ホーリーソード :900G

なので、例えばゴールドで10本のウッドソードの抽選を受けるには

  • 2G×10+15G×10=170G

170Gのゴールドが必要です。

ただ、USDTやPayPayなら剣に対してのゴールドは必要ないので、

  • 2G×10=20G

20Gだけあればとりあえず10本の抽選を受けることができるのです。

こう見るとUSDTやPayPayのほうがいいようにも思うかもしれませんが、USDTやPayPayは自動では取引してくれないので、アイテムに抽選したら自分でUSDTなどを送る必要があります。

簡単に言えば

ゴールドの購入

  • ゴールドはすべて自動でやってくれるけど、その分、抽選に必要はゴールド数は多くなり資金を多くゴッドソードに預けるようになる。
USDTの購入

  • USDTなどなら予約金や資金を預けなくて良いメリットはあるけど、自分でアイテム購入時には相手に手動でUSDTなどを送る必要がある。

このようなメリット・デメリットがあるので、まずはどちらも試してみるのがいいかもしれません。

ゴッドソードの取引はゴールド(自動)とUSDT(手動)どっちがいい?それぞれのメリット・デメリット

次に売却では、受け取り方法や保有している剣を保有期間などを確認することができます。

受け取り方法に関してはゴールドを選択してもゴッドソード上のUSDTへ保管されるだけなので、剣が売れたらすべてUSDTで戻ってくると考えておけばいいでしょう。

USDTとの違いは、USDTでは自分が登録しているUSDTアドレスに直接振り込まれるようになります。

こちらもどちらいいのかは、自分のリスク許容範囲などによっても変わってはくると思うので、毎回自分のウォレットに入金されたほうが安心だという人はUSDTだけを選択するのもありです。

ただ、マッチングの基本はゴールドならゴールド。

USDTならUSDT同士の人がマッチングする仕組みなので、個人的には両方を選択しておくのがベストかなと思っています。

出金はゴッドソード上のUSDTを外部ウォレットに出金する

次にトップページにある出金ボタン。

 

こちらでゴールドの売却で受け取ったUSDTを外部ウォレットに出金することができます。

現在の残高と書いてある部分が出金可能なUSDTの数量で、その下にある緑色の数字をクリックすると出金する数量を変更することができます。

現在はグランドオープンで出金手数料は無料になっていますが、本来であれば1%+ネットワーク手数料が取られます。

ネットワーク手数料に関しては、USDTはイーサリアムをベースに作られている通貨なのでガス代と呼ばれる手数料が別途必要です。

ガス代は毎回同じではなく時間帯によって変わるので、ガス代を調べられるサイトを参考に高騰している時はなるべく出金しないことをおすすめします

特に50USDTなどの少ない数量を頻繁に出金しているとが、手数料だけでも相当取られてしまいますので注意点してください。

トレードは手動でのやりとりで基本的に利用する

画面下部と左上の3本線にあるトレードは基本的に自動取引(ゴールド)を選択している人はほぼ利用することはありません。

手動取引の場合はこのように相手から通知がきます。

緑色の時間内に支払いを完了させないとペナルティを受けることになるので、マッチングしたら必ず時間以内なら送金するようにしましょう。

時間は昼13時~21時の間です。

USDTのアイテム購入方法に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、手動取引を検討している人は是非参考にしてみてください。

ゴッドソードの取引を手動(USDT)でやったみた感想。やり方はめんどくさい?

取引履歴では今までの利益や売買情報が確認できる

取引履歴では今までの利益や剣の売買のやりとりを確認することができます。

総利益に関しては剣の純利益とアフィリエイト報酬を合算した数量です

このアカウントではアフィリエイト報酬はありませんが、アフィリエイト報酬がある場合は、右側の緑色部分に報酬が表示されます。

エクセルなどで自分で売上を管理している人もいると思うので、そのような人はこちらの利益を相違がないのか確認してみてください。

上記になら総利益が1229Gで本日の利益が84Gということになります。

MEMO
ゴッドソードではGというゴールドを利用していますが、価値は1USDTと同じです。1229G=1229USDT。USDTはドルベースなので、あとは今のドル

リファラルは自分が招待した人を確認でき招待は自分のリンクを発行できる

リファラルとういのは自分が招待した人を確認できる項目です。

レベル1が自分の直紹介になり、レベル2やレベル3は直紹介の人が誰かを招待した場合になります。

右側の部分では招待した人がどれくらい予約金を使って予約をしているかを確認することができます。

こちらは僕の紹介者さんなので数字を見せることはできませんが、ここの数値が0ということは登録などはしたけどゴッドソードをやっていないとういことになります。

催促などをするのはおすすめはしませんが、なぜ登録してやっていないのかを理由を聞いてサポートして上げるのがおすすめです。

また、招待という項目は自分の招待リンクを発行することができます。

ランディングページと登録ページの二種類がありますが、ランディングページではゴッドソードの公式サイトのトップページのリンクです。

今すぐ無料で参加するというボタンをクリックするとこちらの画面に移行しますので、あとは新規登録方法を参考に登録させてください。

登録ページに関しては上記の登録画面に直に行くリンクです。

友達などにリンクを使うなら別にトップページなどの概要は必要はないと思うので、友達ページのリンクを渡せばOK。

Twitterやブログなどをやっている人は、上手にランディングページを活用してみてください。

設定ではログインパスワードやUSDTアドレスの変更ができる

そして最後の設定では

  • ユーザーネーム
  • Eメール
  • 電話番号
  • ログインパスワード
  • 2FA
  • 国名
  • 言語
  • 日本語
  • USDTアドレス
  • PAYPAY ID
  • カスタマーサポート
  • バージョン
  • 再読み込みと更新

これらを確認することができます。

電話番号やメールアドレス、ユーザー名は基本的に変更することはできませんが、USDTアドレスやPayPayなどはこちらで変更可能です。

また、カスタマーサポートへ相談や質問がある場合は、チャットから相談することができます。

以前に比べるとバグなどは減ってきましたが、それでも不具合がでることもあるので、迷ったり相談したい時はチャットを上手に活用しましょう。

管理画面などは変更する恐れがあるので注意しよう

ゴッドソードはまだ始まって1ヶ月ほどの案件です。

おそらくもっと使いやすくするために管理画面の変更などは行っていくでしょう。

僕もできる限り変わり次第、情報は共有していきますので、ゴッドソードに興味がある人などはぜひ今後もこのブログなどを見てもらえると嬉しいです^^

では、今回はこれで!としみつでした!