>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

P2P投資案件なら何でも稼げるの?P2P案件を選ぶ際の注意点やポイント

どうも、としみつです。

僕もゴッドソードで参加しているP2P案件ですが、今年に入ってからも僕は参加はしていないですが、かなり案件数が増えてきたと思います。

それだけ運営側も儲かるビジネスってことだとは思いますが、ではすべてのP2P案件をやった方がいいのか?というとちょっと個人的には違うと思うんですよね。

そこで今回の記事はP2P案件はすべて稼げるのか?そしてP2P案件を選ぶ際のポイントや注意点を少し紹介してきます

これからP2P案件をやろうとしている人は少し参考にしてみてください。

P2P投資案件はそもそも稼げるの?実際は稼げるけど、、、

まず、そもそもP2P案件は稼げるの?という話ですが、僕はゴッドソードというP2Pとビードルキャンプをやっていますが、

ゴッドソードに関しては12月から始めて2ヶ月元本回収とプラス利益は出金しています。

ただ、以前にも記事で書きましたが、今は売買などは止まっており運営側が対策をしているところなので、

ゴッドソードが飛んだ?終わり?今後の予想と展開について考えてみた

まだ余っている剣などがある状態です。

出金はちょっとづつされているので、飛んだとかではないです。

ビートルキャンプに関しては2月から始めて約20日くらい立ちましたが、こちらに関しては約100万円ほどの利益を出しています。

ですので、他のP2Pの案件はほとんどやったことがないのでテキトーなことはいえませんが、何かしらのトラブルで運用がストップしたり、停止になったりしない限りはP2P案件に関して稼げないということはないと僕は思っています

ゴッドソードも停止するまではしっかりと利益は確保できていたので。

注意
あくまでも稼げるかどうかという話であって、案件が飛ぶとか飛ばないって話ではないのでご注意を。

P2P投資案件の選び方は?重要ポイントはこの3つ

では、稼げるのはわかったけど、どんなP2P案件でもいいのか?ということですが、それは違います。

僕が思うP2P案件を選ぶポイントや注意点がこちらです。

P2P案件を選ぶポイント

  • 新規ユーザーが多く獲得できている案件やできそうな案件を選ぶ
  • 紹介者がしっかりと理解してサポートしてくれる案件かどうか
  • 銀行取引だから安心できるわけではない

それぞれ解説しますね。

新規ユーザーが多く獲得できている案件やできそうな案件を選ぶ

まず、P2P案件の前提として新規ユーザーが入ってこなそうなP2P案件は絶対に参加しないようにしましょう。

P2P案件は、利率や手数料とか使用する通貨などは変わりますが、アイテムを売買して利益を出すシンプルな仕組みです。

とうことは、アイテムを購入する人がいなければアイテムを売却することもできないので、早くに需給バランスが崩れる恐れがあり早く飛ぶ可能性が高いです。

先行やプレオープンなら絶対に損をしないという人もいますが、そもそも人が集まらかなったらアイテムすら売れないわけで、そんな安心はどこにもないと思っておきましょう。

それに今後、P2P案件は運営側にとってそこまでリスクがないので、儲かるビジネスだとわかればどんどん参入してくる会社や企業も増えてきます。

そうなると、結果的にユーザーの奪い合いになっていくら先行で始めてもアイテムが全く売れなくて損をするということもありえなくはありません。

ですので、人気が出そうかどうかなども含めてしっかりとリサーチしてから、参加することをおすすめします。

紹介者がしっかりと理解してサポートしてくれる案件かどうか

次にP2P案件によっては操作が複雑で手動ですべてやらないといけない案件などもあります

そうなると自分ですべて理解してやらないといけませんし、万が一間違って送金などをしてしまったらお金が戻ってこないというケースも実際にはあるのです。

そこで大切なのが、サポート。

公式サイトのサポートはあくまでも補助的な感じなので、操作方法などを1から教えてくれるということはまずありません。

ですので、しっかりとそのP2P案件を理解してサポートしてくれる人の下でやることが大切になってきます

ただ、新しい案件ほどユーザーを獲得しやすいので、ただ紹介URLを垂れ流しにしてサポートもしない人が多いのが今の現状です。

まあ、とりあえず先行とかは稼げるからやっておいたら?

みたいな無責任な感じですね。

僕も色々なP2P案件を紹介してと言われますが、自分でサポートできない案件は絶対に紹介しないですから。

なので、やるならしっかりとサポートをしてくれる人がやっているP2P案件を選んでやるのも大切なポイントだと僕は思っています。

MEMO
僕のやっているゴッドソードに関しては、細かくマニュアルも作ってますし、レスポンスもとにかく早くすることを心がけてわからないことは聞ける体制にしてます。

個人情報を提供しないといけない案件もある

また、P2P案件の中には銀行でのやりとりをする案件もあり、

ビートルキャンプ(Beetlecamp)P2P投資の口コミは怪しい?詐欺案件か徹底検証

個人情報が相手にわかってしまう場合も。

確かに銀行のやりとりの方が仮想通貨とかでやっている案件よりは取り組みやすいとは思いますが、相手に自分の本名などがバレるって個人的にはちょっと微妙かなと思っているんですよね

それが逆に良い!という人もいるとは思いますが、あくまでも投資案件ですからね。

運営側に情報を提供している以上何があるかわからないわけですから、その辺りも含めて銀行取引でやっているP2P案件をやる場合は決めた方がいいと思います。

別に銀行取引でやっているから絶対に安心できる案件というわけでもないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

P2P投資案件に色々手を出すよりは一気に稼いでしまうのもおすすめです

分散投資は僕も重要だと思っているので僕も色々とやってはいますが、P2P案件に関してはやっぱり資金を多く持っている人が有利ですし、最初にガッツリ資金を入れて稼ぎ切るという方法もありかなと思ってます。

なので、掛け持ちでP2Pをやる人もいますが、それなら1個の案件に絞ってガッツリやって、稼いだほうが時間効率もいいですし、稼ぐスピードも早いです。

そして自分ほしい金額に達成したら、また別の案件を探せばいいわけで、3つ4つも同時にやる必要はないと僕は考えています。(あくまでもP2P)

まあ、やっても2つくらいかなと。

そして稼いだお金で違う案件をやってもいいですし、いい案件が出るまで待つというのも投資案件では大切なことです。

ただ、リスクばかり恐れてすぐに利確して終わるっていうのももったいない気はするので、その辺りは自分の紹介者さんとかに相談しながら決めるのがいいでしょう。

今年は個人的にはP2Pは盛り上がるとは思ってはいますが、逆に風評被害的な感じで詐欺扱いされてフェードアウトしてしまう可能性だってあります。

情報精査は難しいとは思いますが、その辺りも含めて僕のグループでは情報配信しているので、興味があればご相談ください^^

では今回はこれで!としみつでした!