>>紹介リンクの発行をご希望の方はこちら<<

【画像付き】PGA プランスゴールドの入金完全ガイド!USDTを自分で入金する方法

どうも、としみつです^^

PGAプランスゴールドで最初につまづくことって入金方法ですよね。

仮想通貨などをやったことがある人であれば、そこまで悩む必要もなくスムーズに入金することができますが、あまりやったことない人だと入金で躓いてしまいます可能性が高いです。

そこで今回はPGAプランスゴールドで登録したら次に大切な入金方法をまとめてみました。

PGAプランスゴールドでは、登録してから10日までに入金しないとアカウントが停止するようになっています。

登録自体はとても簡単ですが、また1から作り直すのってとてもめんどくさいですからね!

今回の記事を見て入金方法などがわからない人の参考になれば幸いです。

PGAプランスゴールドへの入金方法は主に3つの方法がある

まず前提としてPGAプランスゴールドへの入金方法は

  • ビットコインで入金
  • 代行会社を使って入金
  • USDTで入金

この3つの方法があります。

基本的には、ビットコインなどを持っていなくてあまり詳しくない方は代行会社を利用したほうがスムーズにいきますし、安心かもしれません

ただ、PGAプランスゴールドは今かなり入金をする人が増えていて、代行会社がめちゃくちゃ混んでいて中々入金することができないという人も多いみたいです。

その場合は、できるのであればビットコインやビットコインをUSTDに変換してからPGAプランスゴールドに送った方が早いかもしれないです。

以前にもビットコインと代行会社の入金に関してはそれぞれ記事として書いてはいるのですが、

PGA プランスゴールドの入金は代行がおすすめ!ビットコイン必要なしで日本円だけで可能! PGA プランスゴールドへビットコインを入金!ビットフライヤーから送る方法まとめ

別に書いているのでここでは3つをまとめて紹介しますね!

ビットコインでPGAプランスゴールドに入金する方法

PGAサイトへ行き、送金するアドレスを確認します。(登録URLなどは紹介者から確認してください)

スマホであれば下にスクロールすると入金をという画面がでるので、そこでBTCをクリック。

クリックすると、QRコードとアドレスが載っているので、アドレスをコピーしてメモ帳などに保管。

保管したら、ビットフライヤーへ戻ります。

ビットフライヤーへ戻り、ビットコインの送付からアドレスを登録

ビットフライヤーへ戻ったら先程のアドレスを登録します。

入出金→ビットコイン→アドレス登録の順にボタンをクリック。

すると、

メールの確認と二段階認証の確認になります。

注意
メールでの二段階認証じゃなくてアプリでの二段階認証の場合はアプリで数字を確認して入力します。

二段階認証が完了すると、

アドレス登録をする画面が出るので、名前と先程のメモしたアドレスをここに入力します。

アドレスを登録したら送付数量を入力して送付

入力が完了すると、登録したアドレスが設定されます。

次に、登録したアドレスクリックして

出金するビットコインの数を入力します。

優先度は普通くらいでいいでしょう。すぐに送金したい場合は普通以外を選ぶのがおすすめ。

あとは、暗証番号を入力して送付するボタンをおして、

最終画面で確定ボタンを押せば送付完了です。

代行会社を使ってPGAプランスゴールドに入金する方法

まずは、こちらのURLをクリックして代行サービスにいきます。

MEMO
代理店については僕らのグループに招待しての紹介になります。

すると下記ような登録するサイトが表示されるので項目をすべて入力していきます。

  1. 【口座振替依頼人】:あなたの口座名義の名前(フルネームでカタカナ入力)
  2. 【メールアドレス】:振り込み先から連絡が来るので連絡用のメールアドレス
  3. 【受取アドレスUSDT】:あなたのPGAプランスゴールドの管理画面にあるUSDTのアドレス
  4. 【申込口数】:PGAプランスゴールドで運用したい口数(PGAでは1000ドルからなので1口=1000ドル)
  5. 確認して送信ボタンを押せば完了

USDTのアドレスをしっかりと確認する

受取アドレスUSDTは、あなたのPGAプランスゴールドの管理画面にあるUSDTのアドレスを確認してコピーします。

入金のアドレスがある場所には

  • ビットコインのアドレス
  • USDTのアドレス

この2つがあるので、間違いにようにしましょう。

アドレスをコピーしたら、先程の【受取アドレスUSDT】に貼り付けします。

できればここで間違いがないように貼り付けしたアドレスとPGAプランスゴールドでコピーしたアドレスが全く同じなのかを確認することをおすすめします

申込口数を間違えない

PGAプランスゴールドでは必ず覚えておいてほしいのですが、登録しただけではなんにも意味がありませんし稼ぐことはできません

最低1000ドル以上の入金をすることで初めて運用をすることができますし、利益を得ることができます。

ですので、かならず1000ドルは用意してから申込みフォームで入力して入金するようにしましょう。

今ですと約11万円あれば1口分購入することができます。

注意
為替によって変動するので申込口数を選ぶ際は必ず代行サービスのサイトを確認するようにしてください。

振込先を間違えない

振込先はPGA代行サービスにも記載してありますが、申込をした際に送られてくるメールにも振込先が載っています。

100万円を超える入金をする場合は少し振込先などが変更になる可能性があるので、メールの内容は絶対に確認するようにしましょう。

最後に入金を確認して終了です。

USDTでPGAプランスゴールドに入金する方法

最後のUSDTで入金する方法です。

こちらは基本的に使う人はあまりいないと思いますが、一応こんな方法もあるよ!ということで紹介しておきます。

USDTは海外取引所しか対応してないので、まずUSDTを対応している海外取引所サイトに登録をします。

個人的に、いろいろな海外取引所のサイトを利用しましたが、今は「bybit」という海外取引所がおすすめ。

登録も数分で終わるので、bybitのアカウントを持っていない人はこの機会に作っておくと出金の時も便利ですよ。

今回は送金手数料がかからないGMOビットコインからbybitへビットコインで入金して、ビットコインをUSDTに交換してPGAプランスゴールドに送る方法を紹介しますね。

bybitの公式サイトへ行きアカウントを作成

まず、アカウントを作成していない人はこちらbybitの公式サイトへ行きアカウントを作成。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

アプリでもできるのでスマホがなれている人はアプリから登録しても大丈夫です。

アカウントに関してはメールアドレス化携帯番号のどちらからか選ぶことが可能です。

僕は携帯番号はちょっと微妙だったので、メールアドレスでアカウントを作成してます。

アカウントを作成したら次にログインして入金

アカウントを作成したら次にログインをします。

 

登録したメールアドレスやパスワードを入力しましょう。

入力したらトップ画面にいくので、

右下の資産をクリック。

次にその中の入金のところをおします。

あとはこちらに入金したい通貨のボタンを選択。

bybitでは

  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • USTD

この5つから入金をすることができるので、必ずビットコインで入金しないといけないわけではありません。

ただ、USTDに交換する場合はすべてBTCでの取引になるのでなるべく入金からビットコインにしたほうがおすすめです。

通貨を選択してボタンをおすと、送金するウォレットのアドレスが出るのアドレスをコピー。

コピーしたら次にGMOコインに行きます。(他の取引所でも問題はありません)

トップページから入出金の暗号通貨をクリック。

すると宛先を追加するボタンがあるので、ここで先程bybitでコピーしたアドレスを登録します。

ニックネームなどはわかりやすいようにbybitなどにしておくといいでしょう。

入力が完了するとGMOコインに登録したメールアドレスに認証するURLが届きます。

URLをクリックすると

認証を完了する画面が出るのでボタンをクリック。

再度トップ画面に戻ると宛先が追加されています。

あとは、送金したいビットコインの数量を決めて認証コードなどを入力すればbybitに早く10分ほどで入金されます。

メールでも通知されるので、確認しやすいです。

アプリの方でも確認することができます。

これでbybitに無事に入金されました。

BTCをUSTDに両替

次にここからPGAプランスゴールドに入金するためにBTCをUSTDに両替します

両替はとても簡単で、両替機能をつかえばわざわざ取引をする必要がありません。

交換したい通貨をBTCにして交換する通貨をUSDTに選択。

あとは、交換したい数量を入力して見積もりを取ります。

見積もりで問題と思ったらあとは交換すればUSTDに交換完了です。

少し手数料が0.002BTCほどかかりますが、代行会社やビットコインで直接PGAプランスゴールドに入金することを考えれば普通にやすいです。

USTDをPGAプランスゴールドに送る

そして最後の作業がUSTDをbybitからプランスゴールドに送ります。

今回は2000USTDほど入金してみました。

まず、PGAプランスゴールドのトップに行き、USTDのアドレスをコピーします。

コピーしたアドレスを忘れないように、メモをしてbybitに戻ります。

bybitの画面に戻ったら資産というボタンをおして、真ん中の出金をクリック。

そうすると「メール認証」「Google認証」の2つを行うことになります。

 

メール認証はメールに送られてきた数字を入力すればいいですが、Google認証はアプリを利用するようになります。

Google認証アプリは色々あるので、ご自分の使いやすいものを選んでインストールしておいてください。

有名な認証アプリは

  • Google Authenticator
  • IIJ SmartKey
  • Authy

この3つでどれでも大丈夫です。(僕はIIJ SmartKeyを使用しています)

続きというボタンを押すとアプリで登録する認証キーが発行されるので、それをアプリで登録。

登録すると数字が時間ごとに変わっているので、それをGoogle認証のときに使うようになります。

認証が成功すると先にすすめるので、次にUSTDを選択。

選択すると、

出金先のウォレットのアドレスを登録するようになるので、先程のPGAプランスゴールドでコピーしたアドレスを準備。

アドレスを登録したら、最後に登録したアドレスに送金する金額を設定して

メールアドレス宛に確認するURLが届くのでそちらをクリックすると完了になります。

自分でUSTDに交換してやるのは正直めんどくさいけどお得

今回紹介した中で簡単な順にまとめると

  1. 代行会社を使う
  2. ビットコインで送る
  3. USTDを作って自分で送る

この順番です。

最後のUSTDを自分で作っておくる方法はかなり上級者向けなので初心者などにはおすすめしていません。

ただ、代行会社やビットコインを使って入金するとやはり手数料とカレーとがかなり悪いんですよね。

例えば4000USTDを送る場合に代行会社と自分でUSTDを作って送る場合です。

まず、代行会社では4000USTDを送るのに449,529円かかります。(8月12日の朝時点)

次にUSTDを自分で作って送る場合ですが、国内取引所で0.4BTCを僕は購入しました。

その時の費用が486,805円です。(8月12日の朝時点)

そして0.4BTCをbybitに送ってそれを両替してUSTDに交換したら4534USTD。

そして、その時のレートで4000USTDの価値が426,570.00円で送ることができたので22,959円ほどお得に送ることができました

同じ4000USTDを送るとしてもこれだけの差が出てるくるわけです。

手数料として考えると約5%分が代行会社が持っていってるので、妥当かなとは思いますが、できる人であれば今回紹介したやり方であれば自分でもお得に送ることができます。

あんまりこういうめんどくさいことを、PGAプランスゴールドをやってる人は紹介しないんですが、でも考えてみると5%ってかなり大きいですよね。

100万円入れたら5万円分は自動的に損するわけですから、入金に関しては時間があってなれている人ならこの方法もやってみるのは面白いと思います(笑)

ただ、これはあくまでも上級者向けなので初心者の方は無理せずに代行会社を使ったりビットコインで入金したほうが早いですけどねw

PGA プランスゴールドの入金は代行がおすすめ!ビットコイン必要なしで日本円だけで可能!

一応、今回は入金完全ガイドということで紹介したので、参考にしてみてください。

もし、やってみたい!という方は別途相談や質問にはお答えしますので、お気軽にご相談ください。

>>としみつ宛のお問い合わせ

>> 【サポート付】PGAの紹介リンクはこちら

では今回はこれでー^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です