>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

トレジャーボックス(TREASURE BOX)は詐欺投資案件?主な仕組みや僕の評価

どうもとしみつです。

僕自身、色々な投資案件をやってはいるんですが、すべてをこのブログで紹介しているわけではないです。

あくでも僕がやってみて稼げている案件や大丈夫そうな案件を紹介はしているのですが、PGAみたいなことがあり今は本当に慎重になって紹介はしています。

ただ、紹介をしたからと言って別に参加するしないは自由なわけで、このブログでは良いところと悪いところの両方を中立な立場で判断して紹介しています

そして今回紹介するのがアイテム売買を利用したトレジャーボックス。

すでに参加している人も多く、物販投資案件の1つでユーザー同士が売買ができるP2Pプラットフォームの案件です。

とりあえずこの記事では実際にトレジャーボックスをやってみた僕の評価やトレジャーボックスの特徴・概要などにについて紹介していきます

これから仮想通貨の投資案件をはじめようと考えている人や、トレジャーボックスに興味のある人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)の概要や流れ・仕組みについて

トレジャーボックスはP2Pマッチングプラットフォームを使い、仮想通貨の売買を行うサービス

P2Pマッチングプラットフォームを使った案件だとエクスカシーファームやマリンベイなどが有名ですが、トレジャーボックスの場合は現金ではなく仮想通貨を用いているのが特徴。

取引は会社ではなく個人間で行い、通貨にはテザー(USDT)というものを使用します。

このテザーでストーンと呼ばれるアイテムを購入し、数日後にそのストーンを少し高い価格で売却する、というのが基本的な流れです。

トレジャーボックスのP2P

  • ユーザー間同士の売買取引で利益が生まれる(アイテム売買)
  • アイテムは抽選で当選した人が購入できる
  • 売買はあくまでも個人売買

ようするに、ユーザー同士がトレジャーボックスという場所を借りてSTONEというアイテムを売買する。

そこまで難しい言葉ではなくメルカリやラクマのようなイメージをしてもらえれば大丈夫です。

物販などをやったことがある人ならすぐにわかると思います。

そして利益がでるイメージがこちら。

自分の購入したいSTONEの抽選を受けて購入できたらあとは売り出して利益を得る。

これだけです。

実際にはもう少しやり方などもあるんですが、考え方としては

  1. トレジャーボックスというアプリでSTONEの抽選を受けて当選すればSTONEを購入できる。
  2. そして購入したSTONEを保有期間所持して保有期間が過ぎたら売却する。

この流れです。

トレジャーボックスの会社

トレジャーボックスを提供している会社などがこちら。

会社はシンガポールにあり、2020年1月に設立されています。

設立からはそんなに経ってはないですが、会社としてはしっかりと登記自体はしてあります。

会社自体が不透明な案件もこのような物販投資案件では多いですから。

それを考えるとしっかりしている方だと思います。

またロードマップがこちら。

今はまだプレオープンってことで本格的に始まるのは1月下旬からと聞いてます。

また2021年からはゲームアプリも開発してゲーム内でもSTONEが使えるようにするようです。

ただ、ゲームに関しては不確定な部分が多いので確実にやると決まっているわけではないので、過度の期待は禁物でしょう。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)の口コミや評判!良い?悪い?

次に、トレジャーボックスのネット上の口コミを見てみましょう。

良い口コミ

資金を預けてる間に飛んだらどうしよう、出金できなかったらどうしよう、と不安が脳裏にある中で生活しているのもストレスの一つでした。しかし、トレジャーボックスは「資金を預ける」という概念ではなく、個人間での資金のやり取りのため会社が持ち逃げされるリスクはまず考えにくいです。 引用元

今日も変わらずほぼ不労所得で収益入ってます。無紹介で月利40%以上!もう来月で4ヶ月目突入。案件自体は夏からあるようです。運営は2022/9までは継続させるとのこと!とんでもない案件に出逢ってしまったなぁ。ず〜っっっと続きますように。 引用元

今日の当選は青銅1/10、銀2/5でした。約5万の利益毎日このくらい当たり続けるととんでもないことになるね。出金も今のところ問題無し。いつまで続くか分からないけどなるはやで抜きたいね。 引用元

悪い口コミ

最近エクスカシーファーム?トレジャーボックス?マリンベイ?みたいなP2P系のハイプ?多くないか?名前と見た目違うだけで中身そっくり過ぎてPGAやジュビリーエース、アルファロックみたいに見た目違えど中身一緒みたいなニオイがプンプンするのは俺だけ? 引用元

トレジャーボックスバグ酷すぎ。1週間以上放置されてるのかこのバグ。 引用元

バグめっちゃ多いにも関わらず 相変わらず抽選2000垢とかあって笑う あんまり過熱感ないけど、どこで拡散されてるんだろう PGAルート? 引用元

トレジャーボックスの口コミまとめ

トレジャーボックスの口コミを調べてみると、良い口コミでは

良い口コミ

  • 個人間のやり取りだからリスクが低い
  • 紹介なしでも収益を得ている
  • いまのところ出金なども問題なくできている

といった意見がありました。

紹介がなくても毎日利益を獲得している、という人も見受けられ、実際にトレジャーボックスを利用している人は大きな問題はなくサービスを継続できているようです。

一方で、悪い口コミでは下記のような声もあります。

悪い口コミ

  • ほかの投資案件と同じような感じがする
  • バグが多い

「ほかの投資案件と中身が一緒」と指摘する意見が一部あったほか、「バグが多い」という声もいくつか挙がっていました

バグに関してはこちらの記事でも紹介しましたが、1月下旬のグランドオープンまでまだまだバグはありそうです。

トレジャーボックスは怪しい?バクが多い?試してわかったデメリット

トレジャーボックスは2020年にサービスを始めたばかりの案件なので、まだサービスの改善点などもあるようです。

とはいえ、ネット上では「だまされた」「出金できない」といった口コミは見受けられず、利用している人の多くはサービスに満足している様子がうかがえました。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)を利用して感じた4つのメリット

ここからは、トレジャーボックスを利用するメリットについて解説します。

主なメリットは、以下の4つです。

  • 1回の取引で得られる利益率の平均は12~25%
  • 自動売買機能があるので取引に手間がかからない
  • 運営会社に資金を預けない個人間での取引
  • 仮想通貨の取引所も運営している

1回の取引で得られる利益率の平均は12~25%

トレジャーボックスは、取引ごとに収益が生まれるサービスを提供しています。

1回の取引で得られる利益率の平均は、12~25%

たとえば2000USTDで取引をして、その利益率が18%だった場合、得られる利益は360USTDです。

また、トレジャーボックスの利益率は月利平均にすると、17~75%という非常に高い数字をほこります。

もちろん75%などの極端な利益を出しているのはトップ層だけですが、慣れてくれば50%以上の月利は十分目指せるレベルです。

この利益率は業界内でもトップクラスの数字で、仮想通貨を使って高い利益を得たい人は、チェックしておくべき案件といえます。

自動売買機能があるので取引に手間がかからない

自動売買機能があり、取引に手間がかからないのもトレジャーボックスのメリット。

一般的な仮想通貨の投資案件だと、一日に何回かは取引するための作業が必要です。

案件によっては、一日に数回の取引作業や価格のチェックなどが必要な場合もあります。

それに比べ、トレジャーボックスはストーンを購入したあとは決められた日数を待つのみ

日数が経てば、各ストーンに見合った利益率の報酬が獲得できます。

日数を待っている間、取引の売買は自動で行われるので、特に必要な作業などもありません。

取引するのに余計な手間がかからず、放っておいても報酬が獲得できるのは、トレジャーボックスの大きな魅力でしょう。

運営会社に資金を預けない個人間での取引

トレジャーボックスは、運営会社などに資金を預けて売買するのではなく、個人間での取引でサービスを展開しています。

会社に資金を預けて取引を行うわけではないため、会社が飛んでも資金がそのまま持ち逃げされることは基本的にありません

そのため、トレジャーボックスは通常の投資案件に比べると、もしもの時のリスクは少なめです。

注意
しかし、投資案件に絶対安全ということはないので「100%安全」とはいいきれない点には注意しておきましょう。

仮想通貨の取引所も運営している

トレジャーボックスは仮想通貨の取引所が運営しています。

そのおかげで、新しいトークンを発行する必要はなく、登録の仕方も簡単です。

トレジャーボックスでは、通常CXコインなどを購入して取引を行います。

取引をする際は、事前にONElletというアプリをダウンロードし、そのアプリを介してストーンを購入する、という流れです。

ほかの仮想通貨案件だと、独自トークンの発行などが必要な場合もありますが、トレジャーボックスはそういった作業も不要。

資金を入金してストーンを購入すれば、すぐにでも取引を始められます

一通りの環境がそろっており、仮想通貨の初心者でも利用しやすいのも、トレジャーボックスを利用するメリットといえるでしょう。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)の基本的な利用方法!

それではここから、トレジャーボックスの基本的な利用方法を解説します。

ONElletに入金してチケットを購入

こちらが、トレジャーボックスの基本的な利用方法の流れです。

トレジャーボックスではまず、ONElletというアプリをダウンロードし、そこからトレジャーボックスへ投資に必要な資金を送金します。

トレジャーボックスへの送金が確認できたら、チケットを購入しましょう。

チケットとは、ストーンを購入するために必要な抽選券です。

このチケットを購入しないと、ストーンを購入することもできません。

チケットの最低購入価格は500チケット(50USTD)からなので、ONElletに必要な資金があるかどうかも事前に確認しておきましょう。

チケットを使ってストーンを予約

チケットを購入したら、そのチケットを使ってストーンを予約します。

そのあとストーンを購入できるかどうかの抽選が行われ、当選した場合はストーンの価格分のUSTDを販売者へ送金

抽選に外れた場合はチケットは消費されず、自分の手元に戻ってきます。

抽選に当たらないとストーンは購入できないので、当選するまで何度か抽選に参加しましょう。

ストーンは全部で6種類ありますが、種類によって価格と保有期間(売却するまでの日数)は異なっており、その一覧がこちらです。

たとえばCOPPER(銅)のストーンを購入した場合、購入に必要なチケットは20枚で、販売価格は400~1,200USTD。

そして売却までに必要な日数は5日間で、利益率の上限は14%に設定されています。

販売価格の高いストーンほど利益率も高くなりますが、初心者はまず価格の低いストーンからはじめて、徐々に慣れていくといいかもしれません。

ストーン購入後、既定の日数が経ったら売却

ストーンを購入して、既定の日数が経ったらストーンを売却します。

このとき、利確するのに特別な作業は不要です。

基本的には保有しておくだけで自動的に12~25%まで利益が成長します。

ただし、しも購入者がいなかった場合、購入していたストーンはそのまま残ってしまうので注意が必要です。

この点がトレジャーボックスのリスクでもあります。

買い手がつかなかったストーンに関しては運営から払い戻しがある場合もあるようですが、この辺りはまだ情報が不透明なため、気を付けておいたほうがいいでしょう。

ストーンを売却していると、売り手から買い手にストーンが移るたびにストーンの値段は上がります。

そしてストーンの価格が上限額を超えると、価格の低いユーザーに3分割される仕組みです。

ストーンを売却するユーザーは常に利益を獲得できるシステムがつくられているので、特定のユーザーが損をすることは基本的にありません。

利益率の一例

上記の流れをふまえた上で、トレジャーボックスで実際に取引した場合の利益率の一例を紹介します。

たとえば、ゴールドストーンを5,500USTDで購入したとしましょう。

そして保有期間が8日間で、利益率が20%まで成長したとします。

このとき、利益率は「5,500×20% = 6,600」となり、売却できた場合の価格は6,600USTD。

もともと購入した金額が5,500USTDのため、「6,600 – 5,500 = 1,100」で、実際の利益は1,100USTDという計算です。

もちろん購入したストーンの種類や成長率などによって利益にも差があるので、自分の予算などを考慮して、無理のない範囲で取引をするといいでしょう。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)のアフィリエイト案件について

トレジャーボックスには通常のストーンを使った取引のほか、アフィリエイト案件もあります。

トレジャーボックスのアフィリエイトは、自分の紹介コードを知人や友人に送り、そのコードから誰かがトレジャーボックスに登録すると一定額の報酬を得られる仕組みです。

アフィリエイト報酬は、自分から見て7段目の紹介者まで受け取れます

たとえば自分がAさんを紹介し、AさんがBさんを紹介した場合、自分にはAさんとBさんの報酬が入り、AさんにはBさんの報酬が入るというシステムです。

アフィリエイト案件は、うまく活用すれば大きな利益の獲得にもつながるので、トレジャーボックスをはじめるなら紹介者を出すことも検討してみるといいでしょう。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)の2つのデメリット

ここまでトレジャーボックスの特徴やメリットなどを紹介しましたが、じつは気をつけておくべきデメリットもあります。

それがこちらの2つです。

  • ネット評判があまりよくない
  • 突然飛ぶ可能性がある

ネット評判があまりよくない

口コミ評判の項目でも紹介したように、トレジャーボックスに関する評判をネットで調べると、たしかに良い口コミはあります。

しかし、良い口コミの中にはアフィリエイト報酬を目的とした勧誘のようなものも多くあり、そういった口コミの「稼げる」「リスクは少ない」などの意見は信憑性は薄いです。

アフィリエイト目的の口コミを除くと、トレジャーボックスに関する良い口コミは少ないのが現状。

「騙された」「全然稼げない」などの極端な悪い口コミはないものの、総合的に判断すると、トレジャーボックスのネット評判はいまいちだと考えるのが妥当でしょう。

また、トレジャーボックスのような投資案件は、はじめたあとのことは自己責任なので、なにか問題が起きた場合に保証してくれる人はいません。

そのため、トレジャーボックスをはじめるなら、あくまでも自己責任であることを念頭に置いておきましょう。

突然飛ぶ可能性がある

トレジャーボックスを利用するもう1つのデメリットが、突然飛ぶ可能性があること。

これはトレジャーボックスに限らずほぼすべての仮想通貨案件に共通することですが、どこかの会社が運営している投資案件をはじめる場合、会社が急にサービスを終了してしまうことがあります。

突然サービスが終わってしまうと、ウォレットに預けていたお金が引き出せなくなったり、取引途中の案件がそのまま流れてしまったりなどのリスクがあるので注意が必要。

トレジャーボックスの場合は、一般的な投資案件と違って個人間での取引なので、その点リスクは低めです。

しかし、いくらリスクが低いとはいえ、会社が飛べば取引ができなくなる、抽選権がなくなってしまうなどのデメリットは生じます。

また、会社が飛んでしまった場合、個人間の取引でも100%すべてのお金が保証されるわけではありません。

あとで後悔しないよう、こういったデメリットがあることも覚えておきましょう。

トレジャーボックス(TREASURE BOX)とマリンベイを比較

トレジャーボックスと似た投資案件に、マリンベイというものがあります。

マリンベイもトレジャーボックスと同じように、P2Pマッチングプラットフォームを利用する投資です。

ここからは、同じような形でサービスを提供しているトレジャーボックスとマリンベイを、それぞれ比較してみましょう。

まず、こちらが2つの案件の特徴や利益率などを比較した表です。

  トレジャーボックス マリンベイ
取引の種類 P2P(ユーザー間取引) P2P(ユーザー間取引)
取引に使うアイテム 6種類のストーン 4種類のシップ
アイテムの保有期間 4~10日 4~7日
利益率 1日の利益率:12~25%
月利平均:17~75%
1日の利益率:10~18%
月利平均:15~70%
アフィリエイト報酬 あり あり
支払いに使う通貨 USDT USDT

トレジャーボックスとマリンベイは、どちらもアイテムの売買を行うことで利益を得ます。

まずはアイテムを買うための抽選を行い、当選した人がアイテムを購入して一定期間待ち、そのあとアイテムをほかの人に売却する、という流れも同じです。

したがって、基本的にはトレジャーボックスとマリンベイの2つで大きな違いはありません

ただ比較表を見てわかるように、トレジャーボックスのほうはアイテムが6種類なので、マリンベイよりも2種類多いです。

アイテムの最長保有期間もトレジャーボックスのほうが長いので、高い成長率が見込めるのはトレジャーボックスでしょう。

また、平均利益率もわずかではありますが、トレジャーボックスのほうが上回っています。

以上のことを考えると、幅広い取引をして高い利益を得たいならトレジャーボックス、そこそこ利益を得たいならマリンベイ、という選び方をするといいかもしれません。

トレジャーボックスはストーンの売買で利益を出す案件!

トレジャーボックスは個人間でストーンの売買を行い、利益を出す案件です。

うまく取引をすれば、月利17~75%ほどの利益を出すことも不可能ではありません

理論上は大きな損をすることもなく安定して利益を得られるシステムなので、仮想通貨で稼ぎたいという人は利用を検討してみるといいででしょう。

ただし、トレジャーボックスはストーンが売れない場合や、会社が突然飛んでしまうリスクなどもあります。

そういったデメリットなども理解し、あとで後悔しないようしっかり考えたうえで利用してみてください。