不要な家電は買取?ヤフオク?おすすめの処分方法を紹介

ほしい家電製品がでた。

新しい家電製品がほしい。

でも、今使っている家電は、まだ使える。

不要になった家電の処分を、どうしたらいいかわからない。

せっかくなら、いくら不要になったからいっても少しでも、お金になってくれれば…。

こんなことを思って、中々新しい家電の購入に踏み切れない人も多いだろう。

しかし、家電にも買い時がある。

>>2016の冷蔵庫の買い時はいつ?一年で最も価格が下る時期とは

その時期に、買わないと倍も値段が違ったなんてこともある。

そんな不要な家電の処分に悩んでいる人へ、今回はおすすめの処分方法を紹介したいと思う。

是非参考にしてほしい。

家電リサイクルの基礎をまずは知る

家電

家電は=粗大ゴミ

と思ってすぐに、ゴミに出してしまおうと、考える人も多い。

しかし、大昔はそれでも良かったが、今は家電リサイクル法という制度ができた。

しかも、今までは冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどの大型家電のみ、リサイクル法が適用だった。

しかし、2013年の4月1日からは、新らたに、小型化家電にも適用になった。

スマホ、ゲーム機、カメラ、PCなどだ。

リサイクルの費用は、大きさや種類、メーカーによって、様々だ。

あくまでも目安だが、こちらの表を参考にしてほしい。

  エアコン等 冷蔵庫等 洗濯機等 テレビ
リサイクル料 1300円〜 3400円〜 2300円〜 1700円〜

これに別途、収集料や運送料がかかってくる。

処分するだけで、お金がかかってしまうのだ。

しかし、これは法律で決められたことなので仕方がない。

ここで、注意すべき点は、どこの業者に頼むのかってことだ。

行政にまかせてもいい。

しかし、行政に任せると時間がかかったり対応が悪かったりする。

そんな時は、地域を巡回しているリサイクル業者や、家電量販店やホームセンターなどでも行なっている。

いろいろなサービスを行なっているので、比較して選ぶといいだろう。

次に、お得なリサイクル法を紹介する。

得するリサイクル法を紹介

上記のように、リサイクル法は義務付けられている。

しかし、できるのであれば、不要品でも手間をかけずに少しでもお金になれば、それは嬉しいはずだ。

上記の行政に頼むと、正直手続きなどがとても面倒くさい。

そんな面倒くさい手続きをしないで、リサイクルをしたい場合に使ってほしいのが、

  • ネット買取サイトや不要品回収業者へ査定を出す
  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 自分でヤフオクなどで売る

この3つのどれかだ。

ネットの買取サイトや不要品回収業者へ査定を出す

リサイクル法で簡単に査定してもらいたいなら、不要品回収業者を使えばいい。

リサイクル法での値段は決まっている。

もし、少しでも価値があれば、その分を引いて金額を出してくれるのだ。

無料で出張サービスをしてくれる、不要品回収サイトもあるので、参考にしてほしい。

>>不要品回収なら、ダストマン

また、動いていたり、そこまで壊れていないので、あればネットの買取業者を使うのも手だ。

家電に特化した、買取専門サイトやゲーム、スマホなどに特化したサイトもある。

自宅にいながら、簡単に査定をしてもらえるので、一々持ち運ぶこともない。

行政のような面倒な手続きなども、不要なので、もし動くのであれば、買取サイトで査定して貰うのも手だろう。

特におすすめの買取サイトはこちらだ。

【リサイクルネット】

こちらの買取サイトは、店頭買取出張買取宅配買取の3つの買取を行なっている。

出張買取は、自宅に来てくれるから楽だが、正直誰が来るのかがわからない不安はある。

それに家に入れたくない人もいるだろ。

しかし、この買取サイトであれば、その不安も宅配買取で解消できる

宅配買取は、送料無料の宅配キットが送られてくるので、それをヤマト運搬や佐川急便などの、宅配業者に渡すだけだ。

知らない誰かに来て、家に上げて査定してもらうのが、不安だという人には、安心のサービスとなっている。

>>【リサイクルネット】

しかも、出張料、手数料、送料無料などは一切かからない

いずれにせよ、ネットが普及している今、このようなサービスは使って行ったほうが、お得だ。

家電量販店に引き取ってもらう

家電量販店でも不要品の引取サービスは行なっている。

家の近くに、家電量販店があるのであれば選択の一つにしてもいいだろう。

ヨドバシカメラなどでは、引取りでポイントが還元されるサービスもある。

また、ヤマダ電機やヨドバシカメラでは、WEBで査定することも可能だ。

ただし、先ほどの買取専門サイトよりは、やはり金額は落ちるだろう。

ネットは、人件費がかかっていないため、その分査定の金額を大きくできるメリットがある。

家電量販店では、人件費や場所代などが、大きく掛かっている。

それを考えると、やはり金額面では、ネットには勝てないかもしれない。

自分で売る

自分で売る自身があれば、自分で売ってもいいだろう。

ヤフオクで売ってもいいし、フリーマーケットなどを活用するのも手だ。

なんと、いっても一番のメリットは、高く売れる可能性があるということだ。

査定してもらうと、それ以上の金額を得ることはできない。

しかし、自分で売るのであれば金額を決めることができる。

もしかしたら、不要品だったものがマニアの間では、とても貴重なアイテムだった、なんてこともある。

もし、近くにフリーマーケットを出せるのであれば、やってみてもいいかもしれない。

実際に不要品がお金になるまで

ここで、不要品を買取してもらったほうがいい、理由を教えよう。

また、不要品を引き取った業者は、どうやってそれをお金にしているのか。

簡単に説明すると、

まず、買取業者は5年以内のものをなるべく回収する。

5年以内だと、中古品でもそこそこ売れるからだ。

試しに、テレビを3000円で買取したとする。

先ほどの表をみると、リサイクル法で本来依頼主は、ただ廃棄するのであれば、2000円以上のリサイクル料を払わないといけない。

しかし、買取してもらえば、3000円を得ることができる。

とうことは、

2000円+3000円=5000円

5000円を得したことになる

あとは、買取業者はそのテレビを、修理したりしてヤフオクやフリマに出す。

そうすることで、利益を得ているということだ。

これは、WINWINの関係になっているのがわかると思う

依頼主も5000円以上得をしているし、買取業者も得をしている。

これを、ただ行政に持っていけば、リサイクル料だけ払って終わりだ。

どちらがお得なのかは、一目瞭然だろう。

特にプロが選ぶ家電

家電の中でも、特にプロが選ぶ家電は

  • 季節の家電(エアコン・ヒーター等)
  • AV機器(テレビ・レコーダー等)
  • マニア向けの家電

この3つは特に、高く売れるらしい。

もし、自分で売れる自信があれば、案外高く売れるかもしれない。

不要品を出す前にやっておくべきこと

スマホ

不要品をそのまま、処分してはいないだろうか?

レンジや冷蔵庫などの家電であれば、問題はない。

しかし、一番きをつけてほしいのが、

パソコン・スマホ・携帯

などの。個人情報がある家電だ。

パソコンなどは、メーカーが直接引き取ってくれる場合がある。

しかし、いずれにせよ、個人情報が詰まった状態で、引き取ってもらうのは辞めたほうがいいだろう。

その場合は、HDDを物理的に破壊するか、ソフトを使って、完全に復元不能にすることを勧める。

HDDを物理的に破壊

ネジザウルス

HDDのカバーを開けて、中身のプラッタ部分(円盤)をドリルなどで穴をあければ完了だ。

少し面倒なのは、カバーを止めているネジは特殊なので、それを外すことができるかどうかだ。

ネジザウルスなどがあれば、簡単に空けることができるので、もしないのであれば、次のソフトを使ってやってもいいだろう。

ソフトを使って、完全に復元不能

削除するにはフォーマット。

間違いではない。

しかし実は、フォーマットというのは、1度だけやっても復元できてしまう。

このCCleanerというソフトを使えばHDDを完全に抹消してくれる機能がある。

物理的に破壊するのが、嫌な場合はこちらのソフトを使ってもいいだろう。

CCleanerのダウンロード

いずれにせよ、しっかりと個人情報は抹消しておくことを勧める。

まとめ

家電を買い替えるときには、必ず不要品がでる。

その不要品を、ただ処分するは実は勿体無いのだ。

行政のほうが安心できると、思うかもしれない。

しかし、行政に頼むと何かと手続きが面倒くさいので。

それならば、買取サイトや業者を使ったほうが、賢い。

買取サイトはこちら▼▼

【リサイクルネット】

リサイクル料がかかるところが、もしかしたら差額次第では、プラスになる場合もある。

不要品はすぐに処分。

ではなく、これからは賢くお得に処分していってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です