【2019年】冷蔵庫の買い時はいつ?一年で最も価格が下る時期とは

冷蔵庫は家電の中でもトップ3に入る大きな買い物。

値段はピンキリですが、ちょっといい冷蔵庫だといかんせん値段が高い。

そうなると、買い換えるっていっても難しい。

その分一度買ったら、中々壊れないと言われている。

おそらくは、10年くらいは簡単に保つだろう。

基本的には、

  • アパートの引っ越し
  • 新居
  • リフォーム
  • 壊れた

などの時にに買い換える人も多いと思う。

そこで今回は、2019年の冷蔵庫が一年で最も価格が下る時期について書いていく。

安く、お得に冷蔵庫を買うなら今年が絶対におすすめだ。

冷蔵庫の買い時

まず家庭をもっていて、家族が多いほど中々冷蔵庫は買い換える人は少ないだろう。

それだけ家電の中でも大きな買い物だ。

一人暮らし用とかだと、2万円~3万円くらいだが、ちょっと大きめのサイズの、家族用冷蔵庫なら最低でも10万円以上冷蔵庫も少なくはない。

特に、人気があるモデルやメーカーだと、20万円以上というも有るくらいだ。

いくら、長期間長く使うっていっても、20万円以上となるとちょっとすぐには、手がでないのが現状だ。

だからなるべく買い時の時期を狙って買う。

これは、家電を買う時の鉄則だ。

冷蔵庫に限らず、家電製品は一年中同じ価格ということはほぼない。

必ず一年の中で買い時というのがあるのだ。

そこをピンポイントで狙えば、お得に買うことができる。

発売当初は30万だった冷蔵庫が、半額以下くらいになるのなんてザラだ。

是非、しっかりと買い時を狙って買ってほしい。

冷蔵庫が安くなる理由とお得に買うポイント

半年前に買った時よりも、冷蔵庫や家電が、半額とかなってる。

こんな経験もあるだろう。

それは、前の製品からモデルチェンジした、新製品が出るからだ。

新製品がでる時点で、今までの冷蔵庫は型落ち品になる。

簡単にいえば、二軍落ちみたいなもので、考え方は、どの家電も同じだ。

基本的に、新製品がでたら安くなる。

だから、この新製品がでる時期を把握しておけばいいというわけだ。

新製品が出た直後は、間違いなく安くなる。

ここが、冷蔵庫をお得に買うポイントだ。

ここを逃すと、バカ高い新製品を買うことになってしまう。

新製品が好きって人は、別に買ってもいいが、私は買わない。

型落ち品でもそこまで機能や中身は変わらない

今の冷蔵庫って、そこまで昨日や中身が変わっているわけではない。

多少は変わっている部分も、あるがそんなに大幅な変化はないのだ。

それくらい、もう商品としては完成度が高い。

なので、ぶっちゃけ型落ちになりますが、普通に使うのであれば、なんら問題はないだろう。

実際に、比較すればすぐにわかると思う。

家電量販店とかにいくと、新製品をごり押しされるが、騙されないでほしい。

「せっかく、買い換えるから新製品。」

悪くはないが、それで10万円以上の価値があるかというと微妙だろう。

本当に自分にとって必要な機能とかが、追加されているなら別だが。

実際に使えば、そこまで気にする人はほんとんどいないだろう。

それに、いい機能はそれなりに値段もするので、40万円とか普通はザラにある。

新製品を買うか、型落ち品でもいいかは、人によって違うだろう。

しかし、私は冷蔵庫みたいな大きなものは、基本的に型落ち品を狙らって買う。

そして、余ったお金で旅行とか、他の家電を買うようにしている。

新製品じゃなくてもいいって人は、型落ち品が絶対に狙い目でお得だ。

ただ、人気があるため、すぐに売り切れるので、注意が必要。

これはどの家電でも同じなので、気になる家電があれば覚えておいてほしい。

2019年の冷蔵庫の一年で最も価格が下がる時期

商品によって、新製品がでるタイミングはマチマチだ。

では冷蔵庫はいつが一番、価格が下がるのか。

2019年の冷蔵庫が、一年で最も価格が下るのは8〜9月頃。

この時期が最もお得に冷蔵庫を買える。

なぜなら冷蔵庫は10〜11月に新モデルがでるから。

中には、1月とかに出すメーカーもあるが、ほとんどメーカーは、10〜11月前後新モデルを出すのだ。

ちなみに8月よりは、9月の方がよりお得に買えるだろう。

なるべく遅い方がいいってことだ。

また8月だと、まだそこまで安くなって場合もあるので注意してほしい。

これを知っておけば、絶対にお得に買えるだろう。

私も2014年に、TOSHIBAの冷蔵庫に買い換えたが、TOSHIBAの冷蔵庫も半額以下になっていて、40万円の冷蔵庫が、半額以下の18万円で買えたのだ。

しかも、残り一個というギリギリ。

本当に危なかった。

買いどきを知っている人は、多いってことだろう。

ただし、これはちょうど8〜9月に買いかえることができる人じゃないと厳しい。

タイミングがあえばいいが、中々難しい場合もあるだろう。

いきなり1月頃に壊れた。

なんて時は、8〜9月待てないと思う。

その場合は、すぐに買うことをおすすめする。

冷蔵庫を使わないであれば問題ないが、普通なら絶対に使うだろう。

また8〜9月に買えない。

そんな人は3月の年度末も、交渉次第では安くなる場合がある。

ここは店員さんとの交渉が必須だが。

交渉の余地は、他の時期よりもしやすくなっているはずだ。

簡単にまとめると

  • 1年のどこかで買える→8~9月まで待つ
  • 8~9月に買えない→3月の年度末を狙う
  • 壊れた→すぐに買う

こんな感じで、覚えておけばいいだろう。

冷蔵庫の買い時のまとめ

冷蔵庫は8〜9月の間に買うのがもっともオススメでお得に買える。

ただ、それ以上に安く購入したい場合は、8〜9月の間でも、展示品を購入するというのも一つの手だ。

私はその当時、お金があまりなかっし、とにかく安くていい商品が欲しかったため、展示品を購入した。

これだと交渉次第では、かなりお得に買うことができる

交渉もしやすい。

傷とかは多少ついている場所もあったが、目立たないところだったので、別に気にはしなかった。

神経質な人は、ちょっとダメかもしれないが。

あとはどこまで妥協できるかだろう。

大体40万くらいだった商品が、18万くらいになって半額以下で買えたのだ。

多少の傷くらいは、見逃してもいい値段だろう。

これから、大きな家電などを買う時の参考にしてほしい。

ちなみにだが、店頭で買う場合にも、ネットで買うにしろ、ある程度どんな冷蔵庫が人気があるのかを確認することは絶対にした方がいいだろう。

Amazonなどでは、人気の冷蔵庫などのレビューもあるので、それを1つの参考にするのも有りだ。

Amazonで人気の冷蔵庫を見てみる

その中で自分に合うと思ったものやいいと思ったものを、実際に店舗に見に行って見る。

これが冷蔵庫を決める時の、1番賢いやり方だろう。

どんな冷蔵庫を選んでいいかわからない人は、1つ参考にしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です