>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

ブログやアフィリエイトの記事は文字数が多い方が有利?目安や平均・SEOをついて

どうもとしみつです。

僕はもうかれこれネットビジネスを5年以上やっていますが、現在はこのブログくらいしか自分で記事を書くことはありません。

アフィリエイトサイトなどはすべて外注さんを使って書いてもらっていますが、アフィリエイト記事って文字数が多いほど上位表示できるって聞いたことありませんか?

まあ、今はあまり聞かないかもしれませんが、1年とか2年前までは普通に文字数が多い方が確かに上位表示できることがあったんです。

そこで今回は2021年現在も記事の文字数は多い方が優位なのか、これについてちょっと解説していきます

記事のボリュームはあった方がいいけど文字数が多ければ良いわけではない

まずSEOでの前提として文字数が多いからといって上位表示できるわけではありません

10万文字書いても絶対に上がるとは言えませんし、キーワードやドメインの強さによってはそこまで文字数が多くなくても上がるのが今のSEOです。

大切なのは上位サイトの記事の内容

例えばこちらの「漫画 おすすめ」というキーワード。

上位表示されている記事を見ると普通に2万とか3万文字というのが普通です。

一つのサイトの文字数を数えてみましたが、

4万文字くらい。

他の上位表示されているブロガーの記事とかも普通にこれ以上とかあるので、まず「漫画 おすすめ」というキーワードでSEOで上位にいくためにこれくらいの文字数は必要になるってことです。

周りのサイトの文字数の平均が5000文字なのに、自分の記事が1000文字だったらそれらのサイトに勝てることはほぼ無理だとわかりますかね?^^;

もちろん、100%勝てないという保証はないですが、それ以上の価値が自分のドメインや記事にないと勝つことは難しいと考えておきましょう。

文字数がすべてとはいいませんが、まずは

ライバルをチェックしてどれくらいのボリュームを書いているのかをチェックする。

これがとても大切になります。

マナブログなどの人気ブログの文字数を当てにしないほうがいい理由

初心者ブロガーとかによくあるのが、とりあえず稼いでいる人のブログを参考にすることやパクることだと思います。

ただ、僕はあまりすでに稼いでいる人のブログなどは構成とかキーワードなどは参考にしてもいいですけど、文字数とかは参考にならないと思っています。

インフルエンサーの一人でもあるマナブさんが書いているマナブログがありますが、全く同じキーワードを書いてもマナブログでは1000文字で上位にいけるのが、まだ全然始めたばかりのブログでは1000文字書いたところ全く上がることはないでしょう。

よくインフルエンサーに近いブロガーの人は

文字数なんて関係ないよ!

みたいな感じで言う人もいますが、それを鵜呑みにしてしまうと無駄な記事だけが増えて結果、稼げないということになってしまいます。

文字数はあくまでも指標の一つであって、文字数だけですべてが決まるわけではありません。

似たようなジャンルをやっているブログで全く同じキーワードで同じ構成、文字数で書いたらやっぱりドメインが評価されている方が上位表示されやすいです。

もちろん、それ以外にも色々あるので一概に絶対上がらないとは言えませんが、あまり人気すぎるブロガーなどのいうことを参考にしすぎると痛い目を見るので注意してください。

これは、YouTubeとかでも同じですけどね。

ヒカキンさんが前いってましたが、

今からでもYouTuberは遅くないですか?

という質問に対して、

トップユーチューバーの動画にすべて詰まっている

という回答をしていましたが、やっぱり始めた時期って大切だし、全く同じことをやってヒカキンさんみたいなれるのか?というと難しいですよね。

それとブログなども同じで、やっぱりどうしても先に始めてドメインが強い人が優遇とかされるケースが多いということは覚えておきましょう。

文字数の最低ラインは500?1000?2000?

ここまで読んでくれた方なら、あくまでも文字数はライバルに依存するということがわかってもらえたと思います。

ただ、大体で良いから教えてほしいという人もいると思うので、あまりライバルなどがいないケースで考えると僕はこう考えています。

  • 商品を売ったりするCVページ(5000文字以上)
  • 普段のブログなど(3000文字以上)

実際に僕のアフィリエイトサイトはこれくらいを目安で書くことが多いですし、まあそこまでこのブログに関してはSEOとかを意識してないので、2000文字とか多いですが、だいたいそれくらいで考えています。

CVページというのは、アフィリエイトなどをして商品を売ったり申し込みをさせる記事のことですね。

これに関しては1万文字とかになることもあります。

500文字とか1000文字でいいですか?

という人もいますが、全くライバルがいないとしてもそのボリュームだとすぐに抜かれてしまう可能性が高いので、できればしっかりとリサーチして3000文字くらいは意識したいところ

MEMO
ただ、ニュースとかそういうのは別に文字数とかは関係ないので、500文字とかでもいいと思います。

文字数稼ぎの記事はいらない

ただ、一つ注意してほしいのが文字数稼ぎみたいな記事はいらないです。

特にブログは読んでもらうことがとても重要なので、ダラダラ書いている記事は読まれません。

ダラダラと書くなら他のキーワードをリサーチしてそっちに時間をかけて書いた方がよっぽどマシです。

あまり書いた記事を読み直さない人がいますが、それは絶対に辞めたほうがいいので、記事を書いたら必ずスマホなどで確認することをおすすめします。

文字数も大切ではあるけど意識しすぎないことも大切

ここまでで約2000文字ちょっとなので、まあ少ないですw

ただ、このブログは別にこの記事で上位表示を狙っているわけでもないで、趣味みたいな感じで書いています。

文字数にこだわってしまうと、構成がぐちゃぐちゃになったり実際に伝えないことが伝わらなくなる可能性も高いです。

やっぱりブログとかは読んでもらうことが大切ですから。

無駄な記事を書くならかかない方がいいし、逆にGoogleの評価を下げてしまいます。

あとは

文字数というよりもサイトなどのボリュームを充実させる。

これを初心者の人はまず意識してほしいです。

あとはリズム感とかですかね。

読んでいる人が負担にならないようなことをする。

まあ、その辺りはテクニックみたいな部分もあるので、最初は特に意識することはないですけどね^^

ということで今回はこれで!としみつでした〰