>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

仮想通貨バブル終了!?大暴落した後に注意すべきことをまとめてみた

ビットコインの暴落が怖くて毎日震えているとしみつです(´;ω;`)

2021年5月19日。

大きなビットコインの暴落がありました。それに伴い他のアルトコインなども暴落。

今まではなんのコインでもめちゃくちゃ上がる過熱気味のバブルだったのでいつかは調整などが来ると思っていましたが、それが現実となりました。

分以上は現金にしてまた半分はステープルコインに逃していたのでよかったんですけど、それでも持っている通貨はほぼ半分以上価格が落ちたのでそれなり影響を受けました。

ここから上がるか下がるかは誰もわからないですが、この記事ではこのような大きな暴落が起きた後に注意すべきことについてちょっと今回は書いていきたいと思います。

仮想通貨バブルはいつまでも続かない。利確タイミングはいつがいい?

まずこのブログでも何度も書いていますが、バブルというのはいつまでも続くことは絶対にありません

今回の暴落で仮想通貨バブルが終わったかどうかは誰もわかりませんが、65000ドルの壁の突破を2回失敗して下落して上値が重い状態なので、ここから上げるは相当なファンダメンタルか一度、もっと大きく落ちてから再度上を目指すイメージくらいしか僕はしていません。

もちろん、バブルは継続してほしいですし、仮想通貨の仕組みなどを考えれば将来的に活用できるものだと思っているので期待はしていますが、それでも暴落するときは暴落して焼け野原になる。

これはどの市場でも同じです。

利確タイミングは今後も仮想通貨に投資するかどうか

そして利確タイミングに関してですが、これは今後も仮想通貨に投資をするかどうかで判断すればいいと思っています。

そもそも仮想通貨を投機として考えていて、仮想通貨のプロダクトや仕組みなどに興味がないのであれば無理に仮想通貨で投資をする必要はありません。

大きなマイナスになっているなら損切りは難しいかもしれませんが、トントンや微損くらいであれば今の時期に利確をして撤退するのも一つでしょう。

これ以上は下がらない!という人もいますが、その根拠はどこにあるのかわかりませんし、もし仮にアメリカとかでビットコイン取引を全面停止する!なんてファンダとかでたら一発で価値なんてなくなる可能性もあります。

暴落した後の立ち回りはどうすればいい?意識したい3つのポイント

では次に今回のような大きな暴落をした時にはどう立ち回りをして行動すればいいのか?

僕は以下の3つを特に注意しています。

  • 草コインや時価総額が低いアルトコインへの投資を一旦止める
  • ステープルコインやJPYへ避難させておく
  • FXやショートポジションを持たない

あくまでも僕の考えですので、参考程度にしてもらえればと思います^^

草コインや時価総額が低いアルトコインへの投資を一旦止める

ビットコインが暴落しているから他の草コインや時価総額が100以内にも入っていないようなアルトコインに逆に投資をする人がいますが、やめましょう。

確かにビットコインの暴落を受けづらいコインやトークもあるかもしれません。

しかし、仮想通貨の基軸通貨はあくまでもビットコイン。

ビットコインが暴落すれば他のほとんどのトークや通貨は暴落しますし、ビットコインがそのまま復活しなければ草コインなんてタダの電子ゴミに早変わり。

2017年や2018年を経験している人ならわかると思いますが、あのときもICOなどでめちゃくちゃ多くの草コインなどがでましたが、今となってはほぼ無価値同然になっているのがほとんどです。

まあ、なかには生き残っているのもありますが、それでもほぼ無価値になると思っておいたほうがいいです。

バブル崩壊といっても一気にビットコインが0ドルとかになることはないので多少逃げ道はありますが、ずっと草コインやアルトコインのみを追っているとそれがわかりません。

知らない間にバブルが崩壊していて資金をショートして退場する。

よくあることですから、ビットコインが暴落などをしたときは無駄に投資をしないで一旦、草コインなどを処分するなどするのがおすすめです。

ステープルコインやJPYへ避難させておく

こちらは先程の利確の部分でも少し紹介しましたが、今後も仮想通貨に投資をするのであれば一度、ステープルコインやJPYへ利確して避難させておくのもおすすめです。

暴落がすべてバブル崩壊というわけではないので、単なる調整などであればその後にチャンスはいくらでもきます。

その時に上記のような草コインに資金を突っ込んでいると本当のチャンスが訪れた時にその波に乗ることができません。

確かに損切りなどは誰もしたくないですし、できればそのまま価格が戻ってくればいいですが、持っているコインやトークンが必ずしも上がる保証はどこにもないわけです。

それなら損切りは痛いですが、次のチャンスに向けてステープルコインなどに交換しておくことで、またチャンスを待つことができます。

FXやショートポジションを持たない

最後の注意してほしいポイントで最も意識してほしいのが、暴落して負けたらからといってFXやショートポジションで勝とうとしないこと。これは絶対に覚えておいてください。

特に仮想通貨初心者にはあるあるです。

僕もこれで2018年のバブル以降は2000万円以上溶かしました。

FXなどはレバレッジをかけれるので、自分の持っていない資金で運用をすることができます。

また、ビットコインなどにも先物があるのでショートポジションを持つことも可能。

ただ、これらはすべて投資経験が長くてしっかりとリスクリワードができてる人がやることです。

Twitterなどではレバレッジ100倍やショートポジションで数十万、数百万稼ぎました!などのツイートなどをよく見かけますが、それを見て自分も稼げる!と思うのが1番危ない。

1回2回は稼げるかもしれませんが、投資初心者がやるFXや先物なんてすべてギャンブルと同じですから、いつかは大きな負けが必ずきます

特に暴落して資金が少なくなるとFXや先物ショートをやりがちですが、僕は推奨は全くしないのでやるならなくなっても良い資金でやるようにしましょう。

今後の仮想通貨はわからないけどバブル崩壊も考えておこう

仮想通貨に関しては夏まで下がって秋頃から上がるって人もいれば、もうバブルは終わっていて次のバブルを待つとか色々な意見があります。

今回の暴落が調整と考えるかどうか、それによって行動も変わってくると思いますが、むやみに動いて資金をショートして退場だけはしないようにしましょう。

100万投資して損切りして50万残っていれば、それを活かせるチャンスはいくらでもあります。

ただ、100万投資して損切りタイミングを間違って5万円とかになったら流石にそこから100万円を取り戻すのはめちゃくちゃ大変です。

2倍と20倍の違いですからね。

バブルに乗り遅れた人に限ってバブル崩壊も意地になって投資してしまう人が多いですが、それが最も危険です。

僕は予想屋でもなんでもないので、今後どうなるかは全くわかりませんが、暴落したら暴落したでその後はまた何かしら考えて行動はしていきます。

2018年のときはもうバブルは来ないと思っていたけど、また来てくれただけ個人的には嬉しかったので、今回崩壊してもそこまで驚きはしないですけどね^^;

では、皆さんも仮想通貨で投資をするなら常に情報を入れつつ行動していきましょう!

では今回はこれで!としみつでした!