>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

仮想通貨「USDT」を日本円で購入する方法!クレジットカードなら海外取引所でも可能!

どうもとしみつです。

僕はいろいろな投資案件をやっていますが、そのほとんどで使うのがテザー。いわゆるUSDT。

USDTはドルをベースとした基軸通貨でほぼ値動きがなく仮想通貨の中でも安定している通貨の1つです。

だから投資案件などでは使われやすく、海外の仮想通貨関連の投資にはUSDTがほぼ使われています。

でもUSDTを購入するまでって仮想通貨初心者だと結構ハードルが高いですよね。

そこでこの記事では海外取引所で直接USDTやビットコインを購入できる方法について紹介します

結論を言えば、クレジットカードを利用することになるんですが、やり方などもすべて教えますので、国内取引所→海外取引所という工程がめんどくさい人は参考にしてみてください

USDTは基本的に海外取引所で購入する

まず、USDTは海外取引所でしか扱いがないので国内取引所で買うことができないことは覚えておきましょう。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は国内取引所でも購入することができます。

仮想通貨(暗号通貨)の国内取引所おすすめランキング!ビットコイン買うならここ!

ただ、USDTに限っては現時点で購入できる国内取引所はありません。(今後できたら最高)

なので、海外取引所に口座開設をして購入することになるんですが、更に厄介なのが海外取引所へ日本の銀行から入金はできないんですよね。

USDTを購入する流れはこちら。

  1. 国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入
  2. 海外取引所に送金してビットコインやイーサリアムをUSDTに交換

文章だけ見ると簡単のように見えるかもしれませんが、送金アドレスを間違っていたりすると通貨は消滅するリスクはありますし、そもそも交換方法すらわからないという人も少なくありません。

やり方さえわかればそんなに難しくもないですが、仮想通貨初心者の人がいきなりUSDTを購入するというのは個人的にはハードルが高いと思っています。

そこでそんな初心者の人でも簡単にUSDTを購入できるのがクレジットカードで購入する方法なわけです。

USDTをクレジットカードで購入する方法!【海外取引所編】

USDTをクレジットカードで購入する方法ですが、基本的に

  • 日本円のクレジットカードを扱っている海外取引所
  • 日本円のクレジットカードを扱っているウォレット

この2つで購入することができます。

今回は海外取引所で購入する方法です。

主な流れがこちらになります。

海外取引所でUSDT購入

  • ステップ①:海外取引所に口座開設(今回はBybit)
  • ステップ②:セキュリティ認証の設定
  • ステップ③:MOONPAYで詳細を入力してクレジットカード購入

ステップ①:海外取引所に口座開設(今回はBybit)

クレジットカードで購入できる海外取引所は色々ありますが、僕が利用しているのは世界取引量が2位のBybit

他の海外取引所でもクレジットカードの扱いがあるならそちらでも問題ありません。

まずBybitに口座を持っていない人は開設をしましょう。

下記のURLをクリック。

Bybitの公式サイトはこちら

するとアカウント登録をする画面がでるので、メールアドレスか携帯電話のどちらかを選びます。

個人的にはメールアドレスでいいかなと。

紹介コードはそのままで大丈夫です。

どちらも入力したら登録ボタンをクリック。

すると、登録したメールに認証コードが届くので、認証コードを入力すれば口座開設は完了です。

ステップ②:セキュリティ認証の設定

次に、セキュリティのために二段階認証の設定はしておきましょう。

Google認証では認証アプリは利用することになるので、なんでもいいですが、認証アプリをスマホにインストールしておきましょう。

まだ、認証アプリを持っていない方は、推奨している「Google Authenticator」というアプリで問題ありません。

下記からインストール可能です。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

インストールしたら先程のGoogle認証の設定をします。

設定ボタンを押すと、認証コードを送信するという項目があるので、そちらをクリック。

先程登録したメールに認証コードが届くの入力。

入力するとポップアップで下記にような画面がでるので、インストールしたGoogle認証アプリでQRコードをスキャンします。

もしくは、真ん中に記載してある「キーコード」を入力しても大丈夫です。

アプリで入力トークンの数字を確認して、

6桁の数字を入力して確定を押せばGoogle認証の設定は終わりです。

注意
Google認証や携帯電話認証を再設定すると24時間は送金などはできないです。新規で追加した場合は大丈夫ですが、設定変更などをする際は十分に気をつけてください。間違って何度も繰り返す人が多いので。

ステップ③:MOONPAYで詳細を入力してクレジットカード購入

設定が完了したら暗号資産の購入からUSDTを購入します。

選択からJPYを選択。

購入する金額を入力します。

最低が2500円以上からなので1000円からは購入できないので注意しましょう。

今すぐ購入ボタンを押すとレートや着金予定金額が確認することができます。

そのまま購入ボタンをクリック。

MOONPAYというプラットフォームでクレジットカードを利用して購入するので、利用規約を読んでチェックをして確認ボタンを押します。

するとMOONPAYの外部サイトに移行するのでクレジットカードで購入手続きをします。

メールアドレスを入力。

入力したメールアドレスに認証コードが届くので、

間違わないように入力して、プライバシーポリシーなどにチェックをいれて次をクリック。

利用する人の名前、生年月日の情報を入力。

続けて住所や国籍を入力してください。

住所に問題がなければチェックをいれて次へ。

USDTを購入するクレジットカードを入力します。

チョパというのはセキュリティ番号のことです。

あとは、料金を確認してチェックボックスにチェックをいれて今すぐというボタンを押せば完了です。

購入金額によってはKYCの提出が必要になる

ちなみに2500円では特に本人確認証などのKYCの提出は必要ありませんでしたが、購入金額が高いと

  • パスポート
  • 在留カード

このどちらかをアップロードしなくてはいけません。

自分でパスポートなどを撮影してアップロード。

日付を書いた用紙を持って自分の顔を取りアップロード。

どちらも問題なければすぐに承認されて購入できるようになります。

少額であれば大丈夫ですが、10,000円くらいからKYCは必要になったので、個人的にはクレジットカードで購入するならKYCは必要と思っておいたほうがいいかなと思います。

以上でBybitで購入する方法は完了です。

あとはトレードをしたり投資先に出金したりしてみましょう。

USDTをクレジットカードで購入する際の注意点

一度KYCなどを済ませればあとはいつでもクレジットカードで購入できるのでとても楽なんですが、個人的にちょっと微妙だなと思った部分も紹介しておきます。

それがこちらです。

クレカでUSDT購入時の注意点

  • 手数料やネットワーク料かかる
  • レートは悪くお得ではない

手数料やネットワーク料かかる

USDTを購入するには手数料が少しかかります。

上記のバイビットて購入すると500円くらいはかかると考えておきましょう。

また、取引所によってはネットワーク手数料というのが別途かかることがあります。

手数料よりは安くはなっているようですが、それでも手数料をあわせたら大きな金額ですよね。

レートは悪くお得ではない

また、クレジットカードでUSDTを購入する場合はレートがめちゃくちゃ悪いです。

上記の画像では約107.5円になっていますが、この時の実際のレートは104.5円ほど。

3円も差があるので購入できるUSDTもその分、減ります。

もちろん、手軽に気軽に購入できるという点ではクレジットカードでUSDTを購入するのは大きなメリットではあるんですが、個人的にはこれなら少し面倒ですが、

「国内取引所で仮想通貨購入→海外取引所で仮想通貨をUSDTに交換」

このようにしてUSDTを購入した方がいいかなと思ってしまいます。

すぐにUSDTを購入したいならクレジットカードの検討はあり

USDTをクレジットカードで購入できるって個人的にはかなり魅力的だと思うし、特に仮想通貨初心者の人には嬉しいサービスだと考えています。

ただ、便利な代わりに手数料がかかったり、通常で交換するよりも割高になっているという印象です。

それにほとんどの取引所では、クレジットカードの購入にはKYCが必要になり、パスポートしか取り扱いをしていないところも多いです。

運転免許証は持っているけど、パスポートは持っていないって人もたくさんいますからね。

そうなるとすべての人が利用できるってわけでもないので、その辺りはもう少しハードルを下げてほしいなと思いました。

でも、登録できればほしい時にいつでも購入できるし、着金も10分くらいでされるので本当に急ぎのためにようにクレジットカードで購入できるようにはしておくのがいいかもしれません

期間限定のキャンペーンとか投資案件でもありますからね。

いずれにせよ、登録とかだけはしておいて損はないですし、Bybitなら維持なども必要ないので今後のために進めておくのもいいと思います。

Bybitの公式サイトはこちら

いつどんな良い案件が始まるのかわかりませんから。

その時のためにしっかりと準備だけはしておきましょう。

では、今回はこれで!としみつでした!