>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

バイナンスからメタマスク やトラストウォレットへ送金する方法まとめ!

どうもとしみつです。

世の中には色々な案件がありますが、最近は仮想通貨を利用した案件も多く出ています。

もちろん、日本円だけで取引できれば楽ですし、ビートルキャンプなどの案件が人気があるのはやっぱり日本円で取引などができるからでしょう。

でも、今の仮想通貨の盛り上がりなどの見ると絶対に今後さらに仮想通貨を利用した案件が出てくるのは目に見えています。

そこで参加できるかできないかで、やっぱり稼げるとか稼げないとかも出てくると思うので、個人的には時間がある時にも少し取引などをするのはおすすめです。

そこで、今回は初心者の人がつまずきやすいバイナンスなどの海外取引所からメタマスクやトラストウォレットといったオンラインウォレットやモバイルウォレットへ送金する方法を詳しく解説していきます

このやり方ができるようになれば、仮想通貨関連の案件が出てきてもスムーズに開始することができると思うので、ぜひ参考にしてみてください^^

バイナンスから仮想通貨を送金して個人ウォレットで保管する方法【メタマスク編】

ではまずはパソコンとスマホの両方で利用することができるメタマスクへ送金して保管する方法から紹介していきます。

主な流れはこちら。

メタマスクへの送金手順

  • バイナンスの口座開設
  • メタマスクをインストールする
  • バイナンスで仮想通貨を準備する
  • メタマスクでアドレスを取得してバイナンスで登録
  • バイナンスからメタマスクへ送金

バイナンスの口座開設

この記事を見てる方のほとんどはバイナンスでの口座開設は完了していると思いますが、まだの人はこちからから登録をしましょう。

バイナンス公式サイト

公式サイトへ行くと無料アカウント作成という画面が出てくるので

  • メールアドレス
  • パスワード(設定する)

この2つを入力してください、

MEMO
メールアドレスとモバイルを選ぶことができますが、基本的にメールアドレスの登録で問題ありません。

入力してアカウント作成のボタンを押すと登録したメールアドレス宛に認証コードが届くので数字を入力します。

入力するとアカウントの作成は完了です。

メタマスクをインストールする

アカウントを作成したら次はメタマスクのインストール。

メタマスクの登録などについてはこちらの記事で詳しく解説しておりますので、参考にしてください。

MetaMask(メタマスク)の登録・送金・Swapのやり方!USDT管理がおすすめな理由

特に難しいことはありませんが、リカバリーフレーズなどはなくしてしまうとアカウント復元などはできなくなるので注意してください

バイナンスで仮想通貨を準備する

それぞれおのアカウントを作成したら、あとは保管したい仮想通貨をバイナンスで準備します。

ビットコインやイーサリアムなど日本の取引所で購入できるコインであれば、そのままメタマスクへ送金すればいいですが、BUSDやUSDTなどを保管する場合はバイナンスで準備しなくてはいけません。

例としてBUSDをバイナンスで交換する方法などに関してはこちらの記事をご覧ください。

バイナンス(Binance)でBUSDを購入する方法まとめ!必要は物や購入時の注意点について

メタマスクでアドレスを取得してバイナンスで登録

バイナンスで仮想通貨を準備できたらメタマスクからアドレスを取得しましょう。

メタマスクで送金するアドレスを取得できたらそのアドレスをバイナンスに登録します。

出金からアドレス管理をクリック。

アドレス管理からメタマスクに送金するコインのアドレスを登録していきます。

ネットワークに関してはイーサリアムネットワークを利用するならERC20。

バイナンススマートチェーンなどを利用するならBEP20。

メタマスクの場合は通常はイーサリアムネットワークに接続されているので、ERC20でいいですが、BUSDなどを送金するときはバイナンススマートチェーンなどに設定して送金したほうが手数料も安くすむということは覚えておきましょう。

バイナンスからメタマスクへ送金

バイナンスへのアドレス登録が完了したらあとは送金するだけ。

送金の完了は出金の下で確実することができます。

通貨によっては数分で完了するコインもありますが、ネットワークの混み具合によっては多少時間がかかることは覚えておきましょう。

以上でメタマスクへバイナンスから送金して保管する方法でした。

バイナンスから仮想通貨を送金して個人ウォレットで保管する方法【トラストウォレット編】

次にトラストウォレットへ送金して保管する方法ですが、メタマスクのときほぼやり方や流れはは変わりません。

主な流れはこちら。

トラストウォレットへの送金手順

  • バイナンスの口座開設
  • トラストウォレットをインストールする
  • バイナンスで仮想通貨を準備する
  • トラストウォレットでアドレスを取得してバイナンスで登録
  • バイナンスからトラストウォレットへ送金

基本的にはトラストウォレットをインストールして、

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet
開発元:SIX DAYS LLC
無料
posted withアプリーチ

インストールしたら新しいウォレット作成していきます。

利用規約やプライバシーポリシーを確認。

ウォレットをバックアップするためのリカバリーフレーズを設定します。

リカバリーフレーズを無くしてしまうと復元できなくなる恐れがあるので必ずメモ帳やプリントアウトしてなくさないようにしてください。

あとはコピーしたリカバリーフレーズの順番に入力すればウォレットの完成です。

ウォレットが完了したら送金したいアドレスを追加して

受信ボタンをクリック。

あとはこのアドレスをバイナンスへ登録して送金するだけです。

手順としてはほぼメタマスクとやり方は変わらないので、メタマスクができればトラストウォレットもスムーズにできると思いますが、スマホで操作するようになるのでスマホの扱いになれてない人は注意して行ってください。

メタマスクやトラストウォレットに送金する際の3つの注意点

では最後のどちらも利用している僕がメタマスクやトラストウォレットへ送金する際に注意すべきポイントを3つあげて紹介してますね!

抑えておくべきポイント

  • 送金先のアドレスは絶対に間違えない
  • 手数料を考慮して送金をする
  • リカバリーフレーズやパスワードはなくさない

送金先のアドレスは絶対に間違えない

これはどこに送金する際も同じですが、送金先のアドレスは必ず確認するようにしましょう。

バイナンスから送金する時は、すぐにキャンセルすれば送金をやめることができますが、一度送金されてしまったら基本的に戻ってきません。

相手先のアドレスなどはETHなどであればイーサスキャンなどを利用すればわかりますが、アドレスがわかったところで相手の連絡先まで載っているわけではないので、間違って送ったら返金などのまず無理だと思っておきましょう

アドレスの入力をすべて手入力でやる人がいますが、僕は絶対にやりません。

大体の仮想通貨アドレスは横にコピーをしてくれる機能がついているので、それを利用するかもしくはすべて選択して自分でコピーをして貼り付けをして確認をしています。

手入力の方が確実だ!みたいに思う人が多いですが、仮想通貨のアドレスはどれも長いですから。

必ずコピー機能などを利用して、最終確認として目視で間違いがないか確認してくださいね。

手数料を考慮して送金をする

仮想通貨でも日本の銀行のように出金などをする際は手数料がかかります。

そして注意がしてほしいのがコインによって手数料が大きく変わってくるということ。

例えば、テザーが発行しているUSDTがありますが、これもイーサリアベースとトロンベースでは大きな差があります。

この記事を書いている2021年3月11日時点だと、

ERC20では20USDTかかりますが、TRC20だと1USDTしかかかりません。

約20倍の差。

こういうことを知っておかないと手数料だけでものすごく損をしてしまう可能性が高いのです。

もちろん、送金先のアドレスがERC20なのか、TRC20で入力するアドレスも変わってくるので注意が必要ですが、コインによって手数料が違ってくるということは前提として覚えておきましょう

そして、送金にはこれらの手数料も引かれることを前提として覚えておいて、1000USDTぴったり送金したい時などは少し余裕を持ってUSDTなどを準備するようにしてください。

リカバリーフレーズやパスワードはなくさない

メタマスクやトラストウォレットなどは登録をする時に、復元するためのリカバリーフレーズというパスワードとは別の保管するようになります。

トラストウォレットならさっき紹介したこちらです。

もちろん、パスワードの保管も大切なんですけどそれ以上に大切なのがリカバリーフレーズだと思っておきましょう。

ぶっちゃけ、リカバリーフレーズがあればメタマスクで利用していたウォレットをトラウトウォレットなどで利用できますし、逆に何かしらの不具合があってスマホやパソコンがダメになっても復元をすることができます

僕はパスワード管理アプリにも登録をしていますし、紙に書いて自宅に保管もしています。

今のアプリなどはしっかりとしているものが多いですが、それでも何があるかわからないので、やっぱり自分でも管理しておくのがおすすめ。

ただ、紙だけにかいて保管すると紙がなくなれば消滅してしますので、できれば2つや3つくらいで管理するようにしましょう。

メタマスクやトラストウォレトへの送金はやらないとわからないよ

今はやり方はネット調べればわかりますし、僕も今回紹介しました。

どうやってやるんですか?という質問などをよくいただくのですが、まずは途中まででもやってみるのが僕は大切だと思っています。

もちろん、お問い合わせいただけばわかる範囲で教えたりはしますが、やっぱり自分でやるのと聞いた通りだけでやるのでは全然違うんですよね。

それに仮想通貨とかはマジで動きが早い市場なので、今やっていることが変わっているなんてことはザラにあるわけです

まあ、取捨選択ができないと変な案件とかに捕まってしまう恐れもあるので注意が必要なのですが^^;

そのあたりは相談とかしてもらえれば僕のほうでも知っている案件などについてはご相談に乗れると思いますので、気軽にご相談ください。

では今回はこれで!としみつでした!