>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

バイナンス(Binance)の登録から入金まとめ!USDTを送金・出金する方法!

どうもとしみつです(^o^)

仮想通貨の海外取引所は、有名なところからマイナーところまで含めるとめちゃくちゃ多いですが、その中でも特に人気があり多くのユーザーが利用しているのがバイナンス。

僕も仮想通貨の種類が多いので、アルトコインや草コインなどを購入するときはよく利用させてもらっています^^

そんなバイナンスですが、「海外取引所のバイナンスを使っての説明がほしいです」という質問もよく頂くんですよね。

そこで、今回はバイナンスの登録から入金、出金する方法やUSDTを送金する方法を紹介していきます

登録などは特に難しいことはないので簡単にできると思いますが、USDTなどの購入の流れは何度かやらないと覚えないと思うので、その辺りも含めて見てみてくださいね!

バイナンスの登録方法や入金方法まとめ

バイナンスの登録編

では、まずはバイナンスのアカウントを持っていない方はこちらの公式サイトからアカウント作成しましょう。

参考 登録フォームバイナンス公式サイト

公式サイトへ行くと無料アカウント作成という画面が出てくるので

  • メールアドレス
  • パスワード(設定する)

この2つを入力してください、

MEMO
メールアドレスとモバイルを選ぶことができますが、基本的にメールアドレスの登録で問題ありません。

入力してアカウント作成のボタンを押すと登録したメールアドレス宛に認証コードが届くので数字を入力します。

入力するとアカウントの作成は完了です。

バイナンスへの入金編

では、アカウントを作成したら次にバイナンスへ日本の取引所から入金する方法です。

アカウントを新規作った方はそのままどの方法でバイナンスへ入金するのかを選ぶ画面が出てくるので、「仮想通貨入金」をクリック。

トップページからバイナンスへ入金をする場合は

右上のウォレットの中から「ウォレット概要」が出てくるのでクリック。

クリックするとさらに右上に入金をいうボタンがあるので、こちらを押すと

先ほどと同じような入金画面がでるので「仮想通貨入金」を選んで先に進みます。

すると仮想通貨を選ぶことができ、自分の国内取引所から送金したい仮想通貨を選んで選択

MEMO
ここではビットコインを送金する方法として紹介します。

あとは自分のビットコインアドレスをコピーして

国内取引所から送金します。こちらはビットフライヤーの送金画面です。

あとは到着を確認できればバイナンスへの入金は完了です。

バイナンスでUSDTに交換して別のウォレットなどに送金する方法

次にバイナンスでUSDTへ交換する方法も紹介しておきます。

ホーム画面上部のトレード→コンバートを選択します。

次にビットコインとUSDTを交換するので上をBTC、下をUSDTにして交換する数量を入力してコンバージョンプレビューボタンをクリック。

注意
画像では0.5BTCで入力していますが、最小金額は0.0002BTCからなので注意しましょう。

あとは見積もり期限内にコンバートすれば交換は完了です。

上記では残高不足で出ていますが、大体4秒くらいで更新されるのでできるだけ早くボタンを押すことをおすすめします。

別のウォレットや取引所へ送金する

USDTに交換できたら次に送金に関してですが、詳しい送金方法などはこちらの記事をご覧ください。

バイナンスからメタマスク やトラストウォレットへ送金する方法まとめ!

個人ウォレットのメタマスクやトラストウォレットに送金する方法をまとめています。

特にP2P案件などをやる方は個人ウォレットしか対応してない案件もあるので、一度個人ウォレットをインストールして送金する方法を覚えておくのがおすすめです!

バイナンスを利用して資金を出金や動かす際に覚えておきたい注意点

バイナンスにアカウントを作成してしまえば特に難しいことはありませんが、いくつか注意点があります。

それがこちらです。

バイナンスを利用する際の注意点

  • バイナンスから日本円にするにはBTCに交換して国内の取引所へ送る
  • バイナンスのアドレスはP2P案件に登録できないことがある
  • BTCでの出金は本人確認がないと1日2BTCが上限
  • バイナンスには日本円へでは入金できない
  • スマホのアプリは日本語非対応

バイナンスから日本円にするにはBTCなどの仮想通貨に交換して国内の取引所へ送る

日本円に換金するにはUSDTを取り扱いしている国内取引所はないので、一度他の仮想通貨に交換しないといけません。

チャート見ながらでもいいですが、

慣れてない人は、先程紹介したトップページのトレード→コンバートをクリック。

クリックすると振替を簡単にしてくれる画面に移行するので「USDT→BTC」に設定して、あとは振替したい金額を教してコンバージョンプレビューをクリックして、確認したらコンバートを押せばBTCへの交換は完了です

BTCに交換できたら交換したBTCを国内取引所へ送り日本円にして終わり。

別にBTCじゃなくてもイーサリアムとかもいいですが、今回はわかりやすいように紹介しています。

BTCでの出金は本人確認完了しないと1日2BTCが上限

次に、バイナンスでは本人確認が完了しないと1日に出金できるBTCが2BTCまでと制限が付きます。

1日2BTCなので、今だと約250万円ほど。

ほとんどの方は十分足りる額だと思いますが、もし1000万とか1億円とか出金したいのであれば、本人確認はするようにしましょう。

本人確認は運転免許証やパスポートがあればすぐにできます。

出金制限解除がされるとこのように1日100BTCまで送金可能になります。

ちなみに、ちょうどこの記事を書いている時にBTCの価格を円換算で調べてみたら、

約6億w

これなら安心ですねw

バイナンスには日本円へでは入金できない

また、こちらはバイナンスでBTCやUSDTを購入しようと考えている方むけですが、バイナンスには日本の銀行などから日本円を送金することはできません。

クレジットカードなどであればクレジットカードでBTCを購入することはできますが、日本円自体には対応していないので、注意しましょう。

スマホのアプリは日本語非対応になる可能性がある

そして最後はバイナンスにはアプリもありますが、アプリだと日本語非対応になるか可能性があります。

というのも、以前にバイナンスでは今後日本でのサービスを徐々に縮小するという発表がありました。

それを受けて一時期、アプリは日本語非対応になったんですよね。

現状は問題なく日本語表記されてはいますが、仮想通貨の業界はいつどうなるかわかりません。

そうなるともし、スマホでバイナンスの管理画面や取引を日本語でしたいなら、ChromeやSafariなどのブラウザからログインしてするようになります。

せっかくアプリがあるのに使えないってかなり微妙ですよね。

僕が一応bybitという海外取引所はアプリも日本語対応ですし、仮想通貨界隈では今人気の取引所なので使いやすいです。

バイナンスは個人的にも今後も使っていきたい取引所ですが、やっぱりリスクヘッジとして別の海外取引所も開設しておくのはマストですから。

特にUSDT取引所をする人はいくつか取引所を開設しておきましょう。

仮想通貨対応の海外取引所のメリット・デメリット。初心者は本当に開設して大丈夫?

今後仮想通貨関連の投資もやるなバイナンスは開設しておくのがおすすめ

今回はバイナンスでの送金や出金について紹介してきましたが、やっぱり魅力がある取引所だと思います。

日本の撤退とかいう話もありますが、日本でもかなり仮想通貨は盛り上がってきてますからね。

日本へのサービスが停止すればユーザーは離れるわけですから、バイナンスとしても今すぐ撤退とかは考えてないと思います。

ただ、今後色々な仮想通貨の案件やるならバイナンスとBybitのように複数開設しておくのは絶対におすすめではありますけどね。

そこは自由なので^^;

今回はちょっとメモ書きみたいな感じでの紹介になりましたが、参考にして頂けると幸いです^^

ではまた、としみつでした♪