>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

Defiは簡単に稼げる?Defiサービスに参加する前に知っておくべき注意点とポイント

どうもとしみつです^^(ツイッター:@tosimitu1234)。

昨年辺り仮想通貨界隈ではめちゃくちゃ盛り上がっているDefi(ディファイ)関連のサービス。

以前にこのDefiサービスの1つであるイードルファーミングの仕組みを採用しているパンケーキスワップの記事を書きましたが、

【完全ガイド】パンケーキスワップのやり方・始め方!PancakeSwapは稼げる?

個人的には仮想通貨をやっている人以外はまだ知らないので、今年いっぱいはまだまだ伸びるかなと思っています。

ただ、市場に人が増えるとそれに伴い詐欺などが出ることもあり、実際に

パンケーキスワップに似たサービスを作って資金を持ち逃げする。

みたいなことも普通にあるんですよね。

サービスを開始して3時間でサイトが閉じてしまったということもありました。

昔でいうICO詐欺みたいなものに近いイメージです。

そこで今回はこれからイードルファーミングなどのDefi関連のサービスに投資をしていく際に注意すべきポイントや実際に稼げるの?という点を解説してきます

僕自身、専門家ではないのでめちゃくちゃDefiとかに詳しいわけではないですし、1つの投資としてやっていることではあるので、その辺りを含めて書いていきますね^^

そもそもDefiってなに?簡単に稼げるの?

まず、Defiというのは

DeFi(decentralized finance、ディーファイ、分散型金融)は、金融の実験的形態のひとつであり、それは仲買人、取引所、銀行といった中央集権的な金融仲介者に頼らず、ブロックチェーン上のスマート・コントラクトを利用する

引用:Wikipedia

金融サービスやエコシステムなどをブロックチェーン上のスマートコントラクトを利用して使うアプリケーションの名称。

ちなみにスマートコントラクトとは、銀行などのように人が仲介に入ったりせずにルール(契約内容)に従って自動的に実行(取引)される仕組みのことです。

  • 人件費がめちゃくちゃ削減できる
  • 取引自体の時間を短縮できる

このようなメリットがあるのがスマートコントラクトとおぼえておけばいいでしょう。

スマートコントラクトに関してはここでは詳しく解説はしませんが、いずれ機会があれば紹介しますね。

としみつ

ようは、

銀行や証券会社などのサービスをブロックチェーンのスマートコントラクトを活用して個人同士でも取引ができるサービス。

これがDefiになります。

そしてDefiの中でも2020年から急激に伸びているのが

  • イードルファーミング
  • 流動性マイニング

と呼ばれる運用方法。

自分の持っている仮想通貨をDefiを採用しているDEXと呼ばれる分散型取引所に貸し出したり、あずけて報酬や手数料をもらう手法です。

この時にもらえるのがDEXを運用している運営が発行しているガバナンストークンなどです。

銀行でも預金をしていれば雀の涙ほどではありますが、利息がもらえますよね?

それの仮想通貨バージョンだと思って貰えれば大丈夫です。

まあ、それでも利率などは全く違うしリスクもなどもあるので注意は必要なんですけどね^^;

ただ、UNISwapというイーサリアムベースの大きなDEXがありますが、そこの通貨はUNIで今は時価総額が1.5兆円を超えています。

そして2020年の9月からなら20倍以上。

10万円投資をしていたら2,000万円になっていたというまさにバブリーなのが今のDefi界隈なわけです。

MEMO
Defiサービスの先駆けである「UNISwap」「PancakeSwap」は独自トークン(ガバナンストークン)自体の時価総額も大きく、詐欺サービスというわけではないので、上手く活用すれば稼げる事自体に嘘はありません。

Defiで簡単に稼げるのか?という意味では

簡単に稼げる可能性も高いけど何も知らないままやると逆にマイナスになる可能性も高い。

これが僕が今のDefiサービスに感じることです。

Defiサービスを活用して稼ぐ方法は主に2つ

そんな2020年から盛り上がっているDefiサービスですが、今年いっぱいくらいは何かしらの規制などが入らない限りはまだやり方次第では稼ぐことができると思っています。

ただ、僕はDefiサービスを活用して稼ぐ方法は2つあると思っていて

  • 自分でDefi系のサービスに直接投資して運用する
  • プラットフォームに資金を預けて運用してもらい自動で配当をもらう

このどちらかが主流ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分でDefi系のサービスに直接投資して運用する

まず自分で直接Defi系のサービスに投資をして運用すること。

これは以前に紹介したパンケーキスワップなどのDEXなどを利用して自分でステーキングやファーミングをして運用することです。

【完全ガイド】パンケーキスワップのやり方・始め方!PancakeSwapは稼げる?

自分で運用をするので好きなDefi系のサービスを利用することができますし、しっかりと理解できていれば利率が高いものにあずけて運用するこも可能でしょう。

ただ、逆に今のDEXなどは乱立しているので詐欺みたいなサイトで運用してしまうと資金が飛んでしまう可能性もゼロではありません。

僕も以前にいろいろな高利のDEXにハマって投資をしていましたが、投資した15分後に100万円が飛んでしまったことがありました。

shibdefi.financeというイードルファーミング系のDefiですが、もうありません。

また最近ではPopcornSwapというサイトみ開始3時間で飛んだというニュースもあり、

 

Binance側も動いたことがニュースになりました。

稼げる市場には絶対に詐欺集団がいますし、特に仮想通貨初心者などはいいカモなわけです。

絶対にそういう危ないところは使わないというなら自分でやってもいいですが、それでも稼げると思ったら突っ込んでしまう人がいるのが投資の世界ですから。

自分で運用するリスクもあることは覚えておきましょう。

プラットフォームに資金を預けて運用してもらい自動で配当をもらう

もう一つは、資金をプラットフォームなどに預けて利息や報酬をもらう方法です。

先程も書きましたが、Defiサービスはめちゃくちゃたくさんあります。

ですので、その中で本当に稼げる銘柄やサービスを見つけるのって実は簡単ではないんですよね。

有名なDefiサービスを見つけて自分で運用すれば確かに安全性もあるかもしれませんが、それでも手間は発生しますし、操作を間違って資金がなくなるというリスクもあります。

しかし、Defiサービスを運用してくれているプラットフォームに預けることで、「Defiサービスで稼ぎたいけど自分では操作難しい」という人でもそれらのプラットフォームを活用すれば恩恵を受けれるわけです。

もちろん、資金を預けるという意味ではリスクはありますが、プラットフォームによってはいつでも出金が可能なサービスも現在はあります。

僕自身はどちらも活用しているのですが、僕の活用しているプラットフォームでは選ぶコースによって違いますが、日利0.5%~くらいは出ているイメージです。

僕は自分で色々と検索してDefiサービス自体を探すのも好きなので、両方やっていますが、多分あまり仮想通貨に詳しくないと自分で調べて勉強してやるというのは時間もかかるので、個人的にはまずはプラットフォームなど活用するのもいいかなと思います^^

Defiサービスを活用する際の注意点とポイント

上記で紹介したどちらをやるにしても、

  • 暴落のリスクがある
  • 詐欺サービスには十分気をつける
  • 自分でやるならDefiを理解してからやる

この3つは絶対に覚えておきましょう。

暴落のリスクがある

これは仮想通貨に限らずですが、暴落をするというリスクは常にあると思っておきましょう。

そして暴落して資金を失う可能性が高いのが自分で投資をしていること。

プラットフォームに預けて運用してもらう場合は、預けている資金自体の価格が下るということはありません。

ですので、利率は下がったりする可能性はあるけど、元本が減るというリスクはほぼない。(プラットフォームが飛ぶリスクはあります)

でも自分でDefiサービスなどを利用し通貨を預けている場合は、預けている通貨が暴落すれば資金が減る可能性が高くなる。

当たり前のことですが、これをわかってない人も多いのが現実です。

もちろん、暴落のリスクが少ない仮想通貨もありますが、そうなると利率が低いのでそもそも投資をしている意味あるの?って話にもなるわけですから。

リスクが怖い人はプラットフォームを活用するか仮想通貨への投資自体をしないほうがいいです。

詐欺サービスには十分気をつける

何回も書いてくどいかもしれませんが、Defiサービスは詐欺サイトや案件が今めちゃくちゃ多いです。

暴落して価格が落ちてしまうのが個人的にはしょうがないと思っていますが、詐欺サービスなどで資金が失うことはまじで許せないんですよね。

ただ、僕でも騙されてしまい実際に100万円が数分で飛んだ経験がある世界ですから、自分でDefiサービスをやるにはそのリスクもあると思ってやることをおすすめします。

自分でやるならDefiを理解してからやる

また、自分でDefi系のサービスに投資をするなら最低限の知識を身につけてから投資をするにしましょう。

  • ファーミング
  • ステーキング
  • LPトークン
  • DEX
  • CeFi
  • 流動性マイニング

最低でもこれらが説明できるくらいはわからないと自分でDefiサービスなどはやらないほうがいいです。

それならプラットフォームなどを活用して自動化で配当をもらったほうがよっぽどリスクは低くなります。

まあ、プラットフォームも色々あるので、飛ぶ可能性が0ではないですが、投資の世界にリスクゼロはないですから。

自分にとってどちらのリスクなら取れるかを考えて決めるのがおすすめです。

Defiサービスを上手く活用して投資をしよう

Defiサービスの盛り上がりがいつまで続くのは正直わかりません。

すでに過熱気味ではあるので、Defiバブルが終わってしまう可能性も高いですが、すべてのDefiサービスが終わるということはないでしょう。

あとは僕はあくまでも短期・中期くらいでDefiサービスへの投資は考えているので、自分でやっているDefiサービスもプラットフォームも早めに徹底する準備はしています

なので、Defiサービスでも1ヶ月とか2ヶ月ロックが掛かるようなサービスはやっていません。

それでも月利で30%前後になることもあるので、十分美味しいんですけどね^^

何があるかわからないので、逃げ足早めにやりますが、稼げる時に稼ぐ。これが投資の鉄則ですから。

今はちょっと詐欺案件の見極めをしつつDefiサービス関連は見ていこうと思っています。

Defiに興味がある方やおすすめのプラットフォームを紹介してほしい人などはこちらの専用部屋を作ったので覗いてみてください^^

参考 仮想通貨の部屋

※テレグラムのインストールが必須です

では今回はこれで!としみつでした!