>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

仮想通貨『TITAN』『IRON』の暴落で感じたこと。暴落理由はハッキング?クジラ?

どうもとしみつです。

いやー、久しぶりに大きな暴落を見て改めて「仮想通貨は本当に利確が正義で情報が大切」ということを実感した日でした。

2021年6月17日。

Twitterの多くのインフルエンサーたちが話題にしていたTITANという仮想通貨が大きく暴落しました。

最高値が約60ドルで暴落時の最安値が約0.000000015ドル。

約43億分の1まで下落するというおそらくここ最近では最も大きな暴落だったと思います。(現在は12億分の1ほど)

今回記事ではそんなの仮想通貨『TITAN』の暴落の理由や僕が投資をしなかった理由などついて紹介していきます

あくまでも考察の域の話にはなるので、詳しく知りたい方は公式サイトなどを見るようにしてくださいね。

仮想通貨『TITAN』が暴落した理由はハッキング?クジラの利確?

まず、結論として今回の暴落の大きな理由ははっきりとわかっていませんがこちらの公式サイトの見解を見ると

午後3時(UTC)頃になると、数人の大口ホルダーが再び売りを始めました。今度は、彼らが売り始めた後、多くのユーザーがパニックになり、IRONを換金してTITANを売り始めました。10mins TWAP oracleの仕組みにより、TITANのスポット価格はTWAPの償還価格に比べてさらに下落します。

引用:https://ironfinance.medium.com/iron-finance-post-mortem-17-june-2021-6a4e9ccf23f5

数人の大口が売り込んで市場がパニックになり、どんどんIRONを換金してTITANを売却。

それで一気にあそこまで下落してしまたっというのが原因だと解説しています。

最初はハッキング?というツイートをしてる人もいますが、ハッキングではなく

クジラ売り→一般人パニック売り→歴史的な暴落

これが主な原因みたいです。

また、みんなTITANを売ることでPolygonネットワークも激混みしてなかなかトランザクションが通らなくて焦って売ってしまったいうのも僕はここまで暴落した原因かなと思っています。

間違っていたらごめんなさい。

ちなみにIRONはUSDTやUSDCのようなステープルコイン的な位置づけで、IRONを生成するためにTITANとUSDCの2つのコインが必要になります

Twitterとかで錬金術なんて呼ばれていたのはそのためです。

なんであそこまで人気があったのかは仕組みを知るとわかるんですが、ステープルコインのファーミングなどがめちゃくちゃ高利だったんですよね。

僕は参加してないので詳しくはみてないですけど日利1~2%は普通に出ていたみたいです。それはやりますよね笑

あとは、錬金するときもIRONの価格が1ドルを下回っていればTITANを少なくして錬金しますが、1ドルを上回っていた場合は逆にTITANを多く使って錬金。

IRONが1ドル以上をキープしている間はどんどんTITANも必要になるので、それに応じて価格も上昇。

僕も今回のTITANやIRONには参加していないので、間違っている部分もあると思いますが、こうした理由から多くのインフルエンサーたちを巻き込んでIRONバブルが起こっていったのです。

僕ががIRONやTITANに投資しなった理由は違和感があったから

今回ボクは全くIRONバブルには乗れていなくて参加もしていません。

というか参加しようとは思わなかったです。

その理由は「参入するのが遅すぎたし、インフルエンサーのツイッターに違和感があったから」これが理由です。

IRONは元々BSCネットワークにはある通貨でPolygonネットワークに来たのが確か6月の頭くらいでTITANは1ドルちょっとの価格でした。

そこから約2週間で60ドルくらいまで上がっていったわけですが、僕が知ったのは確か10ドルくらいの時。

10ドルから参入しても結果としては6倍までは上がっているのですが、初期に入った人よりも数倍以上の値で持つことは僕は怖かったんですよね。

その時に周りはみんなBSCやERCからPolygonネットワークに切り替えていきましたら、それもイナゴみたいで嫌でした。

IRONのファーミングは別にTITANを持ってなくてもステープルコインでファーミングできたので、そちらで参加しようかなと考えてこともありました。

でも、僕はファーミング自体にいい思いがないですし、いくらステープルコインといっても自分の中のリスクを考えた時にやっぱり今から参入するのはリスクが高すぎると思い、ファーミングも見送り。

結果はハッキングなどではありませんでしたが、トランザクションが通らなくて取り出しができない人もなかなかいたみたいなので、やっぱり参入してなくてよかったと今も思っています。

自分の経験から直感も大切。インフルエンサーは別に悪くはないと思う

ツイッターとかを見るとIRONやTITAN関係で推奨していたインフルエンサーを悪くいう人もいますが、それはちょっと違うかなと。

何かと◯ケヤハさんとかは的にされてますけど、タイミング的にあの記事を出したのが微妙だったんですよねw

自己責任って言葉もちょっと嫌いですけど、やっぱり自分の直感を信じるのも大切だと思います。

しっかりとリサーチすればあの期間であれだけのインフルエンサーが騒いでいたわけですから、普通じゃないですよね。

それに日利1%とか2%なんてそのへんのポンジスキームより高い利率なわけで、ずっと続くわけないですし、いつかはババを引く。

常識的に考えればわかるはずです。(IRONの仕組みとかは抜きに話してます)

インフルエンサーも本当に稼げているからツイートしているんだと思いますから、それで詐欺とか謝罪しろっていうのはお門違いかなと僕は思います。

まあ、ただ後出しで「自分はすでに利確してましたよ?というかステープルしかやってないし。」とかいう人は論外ですけどね^^;

とりあえず今回のことで「仮想通貨はそんなに甘くない投資でリスクがある」ということだけは改めて実感する機会になればこれから先、チャンスはいくらでもあります。

そのためにも、余剰金でやるとか生活費をつかわないで副業などで稼いでそれを投資に回すとか、

仮想通貨投資で2000万円負けた僕が絶対に守るべきポイントを5つまとめてみた

そんな考え方も必要になってくるのかな?と最近は思います。

今回負けっちゃた人はなんで負けてしまったのかなどをよく考えて次の投資などに生かしてください!

では今回はこれでとしみつでした!