>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

【Trustwallet編】トラストウォレットの使い方!仮想通貨を送金・入金する方法

どうもとしみつです。

2021年にトラストウォレットのアップデートがありiPhoneを利用している人はWEB機能(ブラウザ)がトラストウォレットで使えなくなりました。

ブラウザが機能が使えないことで他のサイトと連携できなくなったので、Difiなどをトラストウォレットでやることができなくなりました。

ただ、資金を管理するという意味では現在も利用することができるので、「トラストウォレット」をまだ利用している方も多いでしょう。

この記事ではそんなトラストウォレットのインストール方法やトラストウォレッへの入出金の流れを図解入りで紹介していきます

トラストウォレットへの入出金をどれでやるか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

トラストウォレットの登録から入金・送金・送金する方法・手順まとめ

トラストウォレットから他へ送金する流れとしては以下の手順で行います。

ゴッドソードへ送金する流れ

  • 【ステップ①】トラストウォレットをインストールしてバックアップフレーズの確認
  • 【ステップ②】取引所から仮想通貨ををトラストウォレットへ送金
  • 【ステップ③】トラストウォレットで保管する。または他の取引所やウォレットを送金

最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れれば難しいことはありません。

ではそれぞれ解説してきますね。

注意
他にも様々なモバイルウォレットやクラウド型ウォレットがありますが、アップルやGoogleストアなどに並んでないウォレットアプリもあるので注意が必要です。アプリがいつ封鎖されるかわからないので、利用する場合はしっかりとアップルやGoogleストアなどに登録してあるアプリを利用してください。

【ステップ①】トラストウォレットをインストールしてバックアップフレーズの確認

まずこちらからトラストウォレットをインストールしましょう。

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet
開発元:SIX DAYS LLC
無料
posted withアプリーチ

インストールしたら新しいウォレット作成していきます。

利用規約やプライバシーポリシーを確認。

ウォレットをバックアップするためのリカバリーフレーズを設定します。

リカバリーフレーズを無くしてしまうと復元できなくなる恐れがあるので必ずメモ帳やプリントアウトしてなくさないようにしてください。

あとはコピーしたリカバリーフレーズの順番に入力すればウォレットの完成です。

注意
リカバリーフレーズなどは絶対に知らない人に見せないようしてください。見せてしまうと資金を抜かれてしまう恐れがあります。

【ステップ②】USDTをトラストウォレットへ送金

登録が終わったら次は実際にトラストウォレットに仮想通貨を送金します。

ほとんどの人は取引所からUSDTを送ると思うので、今回は僕がよく利用しているFTXからUSDTを送金する方法で紹介しますね。

まずはトラストウォレットのUSDTアドレスを取得します。

トップ画面の受信するをクリック。

通貨を選ぶ画面に移るのでUSDTのERC20を探してください。

選択するとトラストウォレットのUSDTアドレスの画面が出るのがでアドレスをコピーしておきましょう。

コピーしたら次に送金する取引所に行きUSDTを送金します。

FTXは150FTTをステーキングすると1日3回ERC系の送金手数料が安くなったり、IEOに参加できたりします。

この機会にぜひ開設しておくことをおすすめします。

仮想通貨取引所「FTX」の使い方から登録・入金・KYCのやり方を徹底解説!

開設したらコピーしたアドレスをUSDTのWithDrawから出金手続きをします。

USDTを選択してトラストウォレットでコピーしたアドレスを入力してUSDTを入力してください。

 

これからもトラストウォレットへ送金する予定がある人はアドレスを保存しておきましょう。

イーサリアムも手数料をして使うので別途用意する

また、ここで大切なことですがトラストウォレットからERC20のUSDTを送金するには手数料をしてイーサリアムが必要になります

FTXなどの取引所がUSDTを手数料をして送金してくれますが、トラストウォレットではイーサリアムが手数料になります。

ですので、もし今後USDTをトラストウォレットから送金などする場合はイーサリアムを少しトラストウォレットへ用意しておいてください。

イーサリアムの手数料はその時によって変わるので難しいですが、0.1くらいあれば数回は送金できると思うので一度送金をする時にネットワーク手数料という部分を確認してみてください。

【ステップ③】トラストウォレットから他のウォレットや取引所へ送金する

トラストウォレットにUSDTとイーサリアムが入金されたのを確認できたらそのまま保管してもいいですし、他のウォレットなどに送金する場合は送金ボタンから送金することができます。

トラストウォレットから送金や出金する場合はの方法に関してはこちらの記事で具体的に紹介しておりますので、参考までにどうぞ。

【Trustwallet編】トラストウォレットにある仮想通貨を日本円に交換する方法まとめ

トラストウォレットまとめ

上記の手順を見るとめんどくさいと思うかもしれませんが、特に難しいことはありません。

1度覚えてしまえば、着金次第によりますが数分でUSDTをトラストウォレットへ保管することが可能です

ブラウザが使えなくなってトラストウォレットを使う人も少なくなるかもしれませんが、一応覚書として今回書いてみました。

では今回はこれで、としみつでした^^