>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

【魔界】仮想通貨のフェアロンーチに参加する際の注意点。メリット・デメリットは?

どうもとしみつです。

ビットコインがレンジのためにバブルほど人がいなくて稼ぎづらいと感じ今日この頃。

こういう時は無駄にトレードしないで本業や副業でお金を貯めてチャンスを待ったほうがいいんですけど、

投資をするならまずは資金調達!ネット副業でおすすめのジャンルについて

それでも魔界では1日に何個か数倍から数十倍になる銘柄もあり、常に目にリサーチをしています。

そしてここ最近少し流行っていたのがフェアローンチと呼ばれる方法で上場をすること。

僕自身はあまりフェアローンチでの勝負は得意ではないので、あまり参加はしていませんでしたが、それでも波に乗れる時にのる。

これは仮想通貨に限らず投資に世界でもとても重要なことなので、少額でも参加するようにしてます。

そこで今回の記事では仮想通貨のフェアローンチに参加する際の注意点やポイント、メリット・デメリットなどを紹介します

無理に参加する必要はないですけど、このような方法で勝負している人もいるということを覚えておくのは悪くはありませんから。

今後のためにもぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨のフェアローンチとは?参加するメリット・デメリット

まず仮想通貨のフェアローンチがわからない人のために簡単に説明するとフェアローンチは英語「Fair launch」、直訳すると公平な販売という意味で、

誰でも同じ時間に銘柄を購入することができる上場

とおぼえて貰えればOK。

フェアローンチ以外だと

  • プリセール(抽選や事前販売)
  • ステルスローンチ(いつ上場するからわからない)

などの上場方法あります。

時間などが決まっていてアドレス(Contract)などはすでに出ていたり、時間になってから出るものもありますが、全員が公平に購入することができるのがフェアローンチです。

どの上場が勝てるとか良いというのはそれぞれにメリットやデメリットがあるので一概に言えませんが、僕が思うフェアローンチのメリットとデメリットはこちらです。

フェアローンチのメリット

  • 誰でも平等に価格が同じで参加できる
  • 時間が決まっているので参加しやすい
  • 数十倍になることも多い
フェアローンチのデメリット

  • BOTが多いと焼かれる可能性が高い
  • 高掴みする恐れがある
  • 価値が10分の1以下になることも

フェアローンチの1番のメリットは平等の価格で時間が決まっていて参加しやすいこと

 

フェアローンチは上場するタイミングは事前にわかり、プライベートセールなどが無ければほぼリスティング価格(上場価格)は同じなので、ほぼ平等に参加することが可能です。

ステルスローンチでは時間などがわからないので、いつの間にか狙っていたのに終わってめちゃくちゃ上がっていた!ということもありますが、フェアローンチでは時間は決まっているのでそういう心配はなし。

また、ステルスローンチほどではありませんが、普通に数十倍以上いく銘柄も多く、最近では50倍、100倍以上になった銘柄もあります。

それくらい夢があるのもフェアローンチの旨味です。

フェアローンチは海外の時間に合わせてやることが多いので、日本時間だと深夜帯になることも多いですが、逆に日中は仕事だから参加できない人もいますよね。

そういう人でも時間帯が決まっているのがフェアローンチですから、比較的他の上場よりも参加しやすいというのも大きなメリットの1つでしょう。

フェアローンチのデメリットは人気銘柄はBOTが多く高掴みしてしまうことが多い

数十倍以上になることも多いフェアローンチ。

ただ、デメリットとしては時間帯やアドレスが事前に分かっていると人気の銘柄ほどBOTが待機していることが多いです。

BOTって何をするの?と思うかもしれませんが、事前にアドレスや時間帯などがわかっていればBOTを設定して、自動で購入することなどもできるみたいです。

僕はそういう技術はないですし、作ることができませんが、手動で購入するよりも絶対にBOTには負けてしまいます。

そうすると上場が始まってすぐに購入したはずなのに、なぜか高掴みしてしまい、そのまま暴落。

資金があっという間に半分、最悪の場合10分の1くらいになるリスクもあるわけです。

短時間の間に価格がものすごく伸びるということはそれだけ、一瞬で下がる可能性も高いということ。

流石にフェアローンチなどで大きく資金を入れることはほぼないですが、魔界初心者などは大きく資金を入れてしまい、焼かれて退場してしまう人もいるのがフェアローンチの怖いところです。

仮想通貨のフェアローンチに参加する際の注意点

メリットとデメリットがそれぞれあるフェアローンチですが、僕は以下の2つのポイントに気をつけてフェアローンチには参加しています。

  • 少額で焼かれても問題ない金額で参加する
  • 無理に上場戦ではなくdump狙いも考える

本当に気をつけてないとすぐに退場しますから、十分注意して参加はしてくださいね。

少額で焼かれても問題ない金額で参加する

これを徹底すれば退場は絶対にないので必ず守ってほしいのですが、

失っても問題ない金額で参加する

これは絶対に守りましょう。

数十倍に伸びる可能性があるのでめちゃくちゃ魅力的に感じしてまうかもしれませんが、その逆もあるとさきほど書きました。

それくらい魔界のフェアローンチというのはギャンブル性が高いので僕はほぼなくなってもいい資金(なくなるのは嫌ですが)で、購入をするようにしています。

具体的な数量や金額などは参加するフェアローンチによって様々なのでその時に決めていますが、ビットコインや主要アルトコインなどを購入する感覚で購入するのはやめてください。

ビットコインや主要アルトコインなどが数時間で半分や3分の1になることはほぼありませんが、魔界では数分、数時間でそれが普通に起きます。

だからこそチャンスがあるのですが、必ず少額で参加するようにしてください。

無理に上場戦ではなくdump狙いも考える

フェアローンチはいわば上場戦ともいえますが、人気の銘柄ほどBOTも多くいるので焼かれる可能性が高いです。

  1. 高掴みしてそのまま暴落して損切り。
  2. 損切りしてから再度、上昇する。

ということも普通にありえます。

なので、フェアローンチに慣れてない人は無理に上場戦から参加するのではなく、少しdump(価格が落ちる)してから拾うという戦略を考えるのもありだと僕は思います。

もちろん、良い銘柄だとdumpしないでそのまま上がってしまう可能性も十分にありますが、dumpする可能性も十分高いです。

dumpしなかったら入らない。

くらいで最初は良いかもしれません。

上手く上場戦に乗れて勝つこともありますが、焼かれてしまい負け癖がついてしまうのが1番危険です。

少額でも勝つことに意味があるので、フェアローンチにこれから参加する方は少し様子を見ながら参加してみてください。

仮想通貨で稼ぐ方法はまだまだあるけど退場は気をつけよう

今回は仮想通貨の稼ぐ方法としてフェアローンチを紹介しました。

フェアローンチは僕は難しいので主力で特攻するという感じではありませんが、フェアローンチが得意でそれでめちゃくちゃ稼いでいる人もいるのも事実です。

ビットコインを買っておけばいい。

とか

堅い案件があるIDOだけに参加すればいい

とかいう人もいますが、色々な戦略を考えていかないと僕は生き残れないと思っているので、常に情報などはリサーチしています。

フェアローンチもその1つという感覚です。

まあ、焼かれることもあるのでリスクもありますが、大きく勝てる時は数十倍になって帰ってくることもありますから。

気になる方は少額から試してみて実践してみてください^^

では今回はこれで、としみつでしたー!