>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

【ADA編】OccamfiのIDOに参加する方法。OCCの購入からステーキング手順を徹底解説

どうもとしみつです。

仮想通貨ではトレードをして勝つ人、BOTなどを利用して勝つ人、IDOなどに参加して勝つ人、魔界で勝つ人、NFTの転売で勝つ人、このようにかなり幅広く勝てる方法はあります。

僕自身は過去にFXやトレードで-3000万円ほどやられた経験があるので、今は本当にたまにしかFXはやりませんし、やらなくても勝てています。

それくらいチャンスが眠っているのが仮想通貨界隈です。

そして今回紹介するのはここ最近、僕も参入を始めたIDO系。

そのIDO系でも今回の記事ではCardano系(ADA)ネットワークのIDOプラットフォームを目指している「Occamfi」というプロジェクトについて参加方法や購入、ステーキング方法、アロケーションなどを解説していきます

基本的に国内取引所とメタマスクなどの個人ウォレットがあれば現状は参加できるので、魔界みたいなハイリスクな市場ではなく少し堅い案件を探しているという方の参考になれば幸いです。

Occamfiとは?カルダノ系向けのプロジェクト

Occamfiは、Cardano系向けのプロジェクトでありDeFiソリューション。

今回紹介するIDOプラットフォームはOccamRazerという名称。

すこし難しいですが、Occamfiという大きなプロジェクトがありその中の人にIDOプラットフォームとしてOccamRazerがある感じです。

OccamXという分散型の取引所(DEX)も稼働しています。

Occamfiでは、IDOに参加する以外にも独自ガバナンストークンのOCCをステーキングしたり、

ADA⇔ETHをブリッジできる機能がなどがあります。

今はまだETHネットワークでの機能ですが、今後はCardanoネットワークへの提供も始まるみたいなので、個人的には結構期待しているプロジェクトの一つです。

そこまで有名なIDOプラットフォームではありませんが、それでもCardano系は今後伸びると思っていますし、早めに参加などをしておくと何かしらの恩恵があるかもしれません

Occamfiは、IDOプラットフォームでもしっかりとしたイメージが強いですからね。

更に詳しい情報については下記のリンクから確認してみてください。(日本人向けのTwitterなどもあるみたいです)

Occamfi関連のリンク

OccamRazerのIDOに参加する手順。OCCの購入からステーキング&KYCについて

OccamRazerは現在ETHネットワークメインでIDOに参加できるので、参加するのはそこまでハードルは高くありません。

すでに約10個ほどのプロジェクトがOccamRazerを使ってIDOを行っていますし、今後はまだまだ増えるでしょう。

では実際にIDOを参加する方法や参加に必要なOCCの購入手順をここでは紹介していきます。

主な手順はこちらです。

  1. メタマスクを作成して国内取引所から仮想通貨を送金する(ETH推奨)
  2. Occam.fiサイトでKYC認証をする
  3. UniSwapでOCCを150以上購入
  4. OCCをステーキングする
  5. 参加したいIDOに参加する

ステップ①:メタマスクを作成して国内取引所から仮想通貨を送金する(ETH推奨)

OccamfiのOccamRazer IDOに参加するためにはOCCトークンと、メタマスクなどの個人ウォレットが必要になります。

スマホアプリであればSafepalなどでもできるかもしれませんが、僕はメタマスクで行っているのでできればメタマスクでやることをおすすめします。

メタマスクの作成方法については以下の記事を参考にしてみてください。

MetaMask(メタマスク)の登録・送金・Swapのやり方!USDT管理がおすすめな理由

メタマスクを作成したら国内取引所から仮想通貨を送金します。

OCCを購入する際はETHネットワークのUniswapで購入することになるので、ETHを購入して送金するのがおすすめ。

僕はコインチェックビットフライヤー、ビットバンクなどを使っていますが、使いやすい取引所ならどこでもいいでしょう。

基本的にETHはどこでも取り扱いはしているはずです。

仮想通貨(暗号通貨)の国内取引所おすすめランキング!ビットコイン買うならここ!

それぞれの取引方法は下記の記事を見て送金してみてください。

【口コミ評判】 コインチェック(Coincheck)の口座開設・登録・入金・出金・トレード方法を徹底解説! 【ビットフライヤー完全版】bitflyerの評判は?登録・入金・出金のやり方を徹底解説! 【ビットバンク完全ガイド】bitbankの評判は?登録・入金・出金のやり方を徹底解説!

よくある間違えがBTCのアドレス宛に送ってしまうこと。

BTCとETHではそもそもネットワークが別なのでアドレスの文字列も全く違います。

BTCでは先頭に「3」「bc1」などが付きますが、ETHネットワークでは「0」から始まるアドレスです。

アドレスなどを間違えると送金してGOX(なくなってしまう)可能性があるので十分注意しましょう。

ステップ②:Occam.fiサイトでKYC認証をする

メタマスクにETHを送金できたら次はOccam.fiサイトへ行きKYC認証をします。

基本的にIDOプラットフォームではKYC認証をしないとIDOに参加できないものだと思っておいたほうがいいです。

逆にKYC認証もなくて参加できるプラットフォームは怪しいとおぼえておきましょう。

Occam.fiのKYC認証はこちらのリンクからすることができます。

参考 IDO KYCoccam.fi

KYCに必要な書類は、

  • パスポート
  • 国民IDカード
  • 運転免許証

このどれかがあれば大丈夫です。

あとは手順にそってKYC認証を完了させてください。

認証の時にETHのアドレスを入力するようになるので先ほど作ったメタマスクのアドレスを入力しましょう。

すべて完了すれば早くて数時間でKYC認証は完了します。

KYCは完了するとこのような画面が出ます。

もし、完了されない場合は下記のフォームから送信してみてください。

参考 SumSub KYC Issues & QuestionsGoogleフォーム

今回のOccam.fiでは運転免許証が使えますが、他のIDOプラットフォームやホワイトリストではパスポートしか駄目な場合もあるので、今後色々と参加するならパスポートは作っておいてもいいと思います。

仮想通貨のエアドロップやホワイトリストに参加するために絶対に準備しておくべきもの

ステップ③:UniSwapでOCCを150以上購入

KYCが完了したらIDOに参加するためのOCCを購入します。

Occam.fiのIDOではアロケーションが以下のように決まっています。

ランク ステークの数量(OCC) ホワイトリストへの参加条件
Mont Blanc 150 20-40%
Elbrus 500 5-20%
Fuji 1000 10-30%
K-2 4000 100%
Everest 10,000 100%

150以上で参加することができ、4,000以上のOCCをステーキングすることで、100%参加することができます。

アロケーション(購入できる数量)に関して、IDOのプロジェクトによってことなりますが、今後ずっと参加する予定であれば4,000以上を目指すといいでしょう。

OCCの価格に関しては以下のサイトから確認可能です。

参考 Occam.Ficoinmarketcap

購入する数量が決まったらUniswapでOCCを購入します。

Occam.fiのトップページから「Buy OCC」をクリックしてUniswapへ。

ETHで購入する場合は上をETHにしましょう。

すでにUSDTやUSDCを持っている場合はそれらの通貨でも購入可能です。

ステップ④:OCCをステーキングする

OCCを購入できたらステーキングをしていきます。

トップページの「OCC Panel」から「STAKING」を選択。

ここからステーキングをすることが可能です。

僕はすでにステーキングをしているので真ん中の部分が0になっていますが、ステーキングがこれからの場合はこちらに先ほど購入した数量が表示されます。

上記はIDOに参加するためのステーキングですが、LPを組んで普通にステーキングをすることも可能です。

APYが26%程度なのでそこまで高くないので、僕はやりませんが、参考までにどうぞ。

ステップ⑤:参加したいIDOに参加する

ステーキングが完了したらあとは好きなIDOに参加するだけ。

Registrationが登録受付中で現在参加できるIDOプロジェクトです。

クリックするとプロジェクトの詳細などを確認することができます。

上記のプロジェクトでは103ETHを集める予定で現在1571人が登録していることがわかります。

スケジュールは以下のような感じで進んでいきます。

時間なども書いてあるのでホワイトリストの結果などを忘れないようにメモをしておきましょう。

以上でOccam.fiのIDOへの参加手順は完了です。

Occam.fi(OccamRazer)のIDOに参加してみよう

今後Cardan系は注目されるブロックチェーンネットワークだと思っています。

そもそもADAの時価総額も5位以内にずっといますし、コアなファンが多い通貨ですからね。

DEXサービスができるようになった今、人が流れてるのは間違いないでしょう。

そのCardano系のIDOプラットフォームとしてOccam.fiがどうなるのか?僕はちょっと期待しています。

最小が150OCCで1000$ちょっとから参加は可能ですので、興味がある方はぜひ参加してみてください。

では今回はこれで!としみつでした!