>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

【Solana編】ソラナ系のNFTを購入する方法。必要ウォレット(Phantom)や注意点

どうもとしみつです。

ビットコインも今は落ちてしまいましたが、一時は5万ドルを復帰するなど仮想通貨界隈的には徐々に盛り上げるを見せている。

そんなふうに感じていますが、通貨やコイン以上に過熱していると思うのがNFT関連。

僕自身そこまでNFT関連は詳しくはないのですが、数年前からある有名なNFTなどは億で取引などがされるなど(Punksなど)、普通では考えられないことが起きています。

もちろん、すべてのNFTがそのように高額で売れるということはありませんが、バブルなのは確かです。

基本的にNFTは昔からあるopenseaで取り扱いがあるETHがNFTが価値が付くことが高いですが、最近はSolanaネットワーク系のNFTも高騰することがありました。

そこでこの記事では今後狙い目になるであろう、ソラナネットワーク系のNFTを購入する方法などを紹介していきます

ソラナ(Solana)ネットワークのNFTを購入する手順。準備する物や購入場所などについて

まず実際にどれくらい高くソラナ系のNFTが売れているかというと、こちらはソラナ系のPunksというブランド。

最高で2300SOL、ドル計算だと今が1SOL=70ドルくらいなので約160,000ドルで購入されています

日本円だと1700万とかでしょうか?ソラナネットワーク系のNFTでもこのようなNFTも出てきています。

では、実際にソラナネットワーク系のNFTを購入するために必要な手順や準備するものですが、こちらです。

  1. 国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金
  2. 海外取引所で 通貨の「SOL」を準備する
  3.  ソラナネットワークのウォレットを作成
  4.  SOLをウォレットへ送金する
  5. 送金したSOLでNFTを購入

それぞれ解説しますね!

ステップ①:国内取引所から海外取引所(FTX)へ仮想通貨を送金して「SOL」を準備する

ソラナネットワークで手数料などに使用する通貨は「Solana(SOL)」という通貨です。

ただ、SOLは国内取引所ではまだ取り扱いがないので、海外取引所などで購入するようになります。

色々なところでSOLは取り扱いがありますが、SOLネットワークに力を入れているのが「FTX」です。

仮想通貨取引所「FTX」の使い方から登録・入金・KYCのやり方を徹底解説!

FTXは今後個人的には伸びていく海外取引所だと思っているので、もしまだ開設していない人はこの機会に開設しておくことをおすすめします。

FTXの公式サイトはこちら

KYC認証をやれば1日の出金額やIEOなどにも参加できるようになるので、時間があるときにKYCもレベル2くらいまではやっておくのがいいでしょう。

【MER編】FTXのIEOに参加する方法。必須条件や今すぐにやっておいたほうがいいこと

FTXに口座開設をして取り扱いができるようになったら国内取引所から仮想通貨をFTXに送金します。

僕はビットフライヤーなどでXRPを購入して送金することが多いです。

【ビットフライヤー完全版】bitflyerの評判は?登録・入金・出金のやり方を徹底解説!

FTXに送金をすることができたら、

  • USD
  • USDT
  • BTC

この3つの通貨に交換してSLOを購入するようにしてください。

FTXなら検索窓にSOLと入れるとトレードできるペアが出てきますが、現物購入は上記の3つだけです。

詳しい取引などはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

仮想通貨取引所「FTX」の使い方から登録・入金・KYCのやり方を徹底解説!
  • リミット=指値
  • マーケット=成行

とおぼえておけばそこまで難しくはありません。

ステップ②:ソラナネットワークのウォレットを作成

無事SOLに交換できたら、次にソラナネットワークのウォレットを作成します。

BSCや

【完全ガイド】パンケーキスワップのやり方・始め方!PancakeSwapは稼げる?

Maticでは

【Polygon編】Matic Network(Metamask)の接続設定や使い方!ステーキングやファーミング~Polycat Finance~

メタマスクがあれば基本的にネットワークだけを変更すれば問題ありませんでしたが、ソラナネットワークは独自のネットワークなので別途ソラナネットワークに対応しているウォレットを作成する必要があります。

僕がメインで使用しているのはこの2つ。

  • sollet
  • Phantom

solletに関してはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

ここではPhantomの作成から送金などは紹介しますね。

Phantomの作成方法

Phantomはパソコンの拡張機能で利用するウォレットです。

今後アプリがでるかわかりませんが、現状ではパソコンだけ。

Chromeを利用している人は下記から追加することができます。

参考 PhantomChrome拡張機能

新規で作成する場合は「Create New Wallet」を選択します。

シークレットフレーズが表示されるのでコピーして管理。

次にPhantomに接続するために必要なパスワードを設定します。

あとは流れにそってボタンをクリックしていけばウォレットの作成は完了です。

簡単な使い方としては、

アドレスを送金を覚えておきましょう。

入金に関してはすべて同じアドレスになります。

送金は「Send」をクリックして送金したい通貨を選択して送金先アドレスを入力すれば送金することができます。

1つ注意点としては送金手数料に利用するのはすべてSOLです。

ですので、SOLが全くない状態で他の通貨を送金してしまうと手数料不足で送金することができなくなります

ソラナネットワークは手数料がめちゃくちゃ安いので、多くSOLを入れてなくてもいいですが、0の状態にだけはしないようにしましょう。

ステップ③: FTXの交換したSOLを個人ウォレットへ送金する

ソラナネットワークのウォレットを準備できたら次はFTXで交換したSOLをウォレットへ送金します。

SOLを検索してWithdrawをクリック。

送金数量、送金先アドレス、二段階認証コードなどは入力しましょう。

数分で自分のウォレットに届くはずです。

MEMO
基本的にFTXではSOLをソラナネットワークで送金する場合は手数料が0円なので、そういう意味でもソラナネットワークを利用するならFTXがおすすめです。

ステップ④: 送金したSOLでNFTを購入

最後に自分のソラナウォレットにSOLが届いてことを確認できたら、好きなNFTを購入しましょう。

NFTの購入方法としては

  • 公式サイトから購入する
  • NFTプラットフォームなどで購入する

この2つの方法があります。

イーサ系だとNFTプラットフォームで有名なのはopenseaでしょう。

ソラナネットワークでは、まだopenseaほど有名なNFTプラットフォームはありませんが、SOLPunksなどが購入できるのはこちらのサイトです。

参考 Solanart

たとえば、SOLPunksを購入する場合は右上のコネクトボタンをクリックして、ソラナウォレットと接続します。

PhantomならPhantomを選択してください。

次にSOLPunksを選択して自分の購入したいNFTを選びます。

左上にあるFoolr priceがこのNFT出だされている最低価格です。

この中から選択をしてBuyをクリックすれば購入することができます。

こういうところでサーチ結果を変更などもできるので、

色々と触ってみるといいでしょう。

購入したNFTはwalletや、

Phantomウォレットからも確認可能です。

また、NFTプラットフォーム以外でも公式サイトなどでセールで売出しなどをやっていることもあるので、情報は色々と見てみてください。

SOL系のNFTは今後注目していくのがおすすめ

イーサ系に比べると確かにソラナ系のNFTはまだまだです。

ただ、根強い人気があるネットワークでもあるので今後しっかりとマーケティングなどをしていけば、更に市場が拡大すると僕は思っています。

最近でも5SOLくらいで購入したNFTが20SOL以上で売れたりしたこともあったので、人気がありそうなNFTを見つけることができれば、それだけでも勝つことはできるでしょう。

それにイーサ系と違ってソラナ系はまだまだ参加している人が少ないので、穴場的なNFTも多いです。

長期的に持ってもいいですし、あくまでも短期的に数倍取ることを意識してもいいので、僕は最近はトレードよりもNFT探しをしていますw

もちろん、ソラナ系のNFTがこのまま伸びない可能性もあってゴミになってしまうものがほとんどかもですけど、価値が上がれば数千万円で売れるようになりますから

もし、NFTに興味がある人はソラナネットワークなども覗いてみてください!

では今回はこれでとしみつでした!