>>投資案件に関するお問い合わせこちら<<

【ICP編】Dfininty(デフィニティ)ウォレット「Plug」の登録から使い方

どうもとしみつです。

僕はチャンスを見つけるために

など、いろいろなネットワークチェーンを試しているのですが、仮想通貨のネットワークはめちゃくちゃ種類があってすべて追うのは個人的に難しいんですよね。

それに資金が分散してしまう恐れもあるので、今はとりあえず熱そうなNFTやセールなどがあるときに資金を動かすくらいにしてます。

そして今ちょっと注目してるのがICPことDfininty(デフィニティ)ネットワークです。

そこで今回はICPネットワークを効率よく利用することができるウォレット「Plug」の登録から使い方を紹介していきます

ICPネットワークに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

【ICP】Dfininty(デフィニティ)とは?どんなプロジェクトなの?

Dfininty(デフィニティ)=ICP(インターネット・コンピュータ)は、ブロックチェーンを使ってAWSやGoogleクラウドなどのようなクラウドコンピューティングサービスを提供するプラットフォーム実現させようというプロジェクト

僕自身もそこまで詳しくはありませんが、AWSなどは大手企業であるAmazonが管理していますが、ICPではその管理者を特定しないでブロックチェーンを使って誰でもコストを抑えながらサービスが作れるようにすることを目的にしているみたいです。

かなり大掛かりなプロジェクトでもあるのでものすごく期待している人が多いプロジェクトでもあります。

まだデモ程度ですが、TikTokの分散型バージョンCanCanなども発表しているそうです。

ICPはDfininty(デフィニティ)のガバナンストークン

そしてICPはDfininty(デフィニティ)ネットワーク上で発行されたガバナンストークン。

Dfinintyでは、サービスを利用するための手数料としてCycle(サイクル)というトークンを利用するのですが、これと交換できるのがICPなのです

ICPはすでに大手海外取引所には上場しており、時価総額も$10,000,000,000超え。

少しランキングは下がってしまいましたが、それでも時価総額で20位以内いる優良トークンの一つです。

プロジェクトの内容などを見ると短期的ではなく長期的に考えてもいいかなと個人的には思っています。

購入は、

などで購入することが可能です。

個人的にはBinanceやKuCoinがおすすめ。

BinanceやKuCoinは他にも様々なネットワークチェーンにも対応しているので、この機会に作れる人は作っておくといいでしょう。

更にDfinintyなどを詳しく知りたい方はDfinintyの公式サイトなどを確認してみてください

Dfinintyの詳細

Dfinintyネットワーク対応のICPウォレット「Plug」の登録と使い方(入金や送金等)

ではここから今回の記事の本題であるDfinintyネットワークに対応しているICPウォレットの作成方法を紹介していきます。

今回紹介するウォレットはイーサリアムでお馴染みのメタマスクのようにChromeなどの拡張機能で使えるWEBウォレット「Plug」。

見た目もカラフルで個人的には好きなインターフェース。

登録や使い方もそこまで難しくはないので、Dfinintyが気になる人はサクッと作成してしまいましょう。

「Plug」の登録はChromeの拡張機能

Plugは直接的なウォレットではなくWEBで使用できるウォレットなので、ChromeのWEBストアからインストールをします。

参考 plugplugwallet

追加したら新規で作る場合は右の「Create Wallet」を選択します。

次にパスワードと、

復元するためのシークレットコードを確認する画面がでるので忘れずにコピーをして大切に保管してください。

以上でPlugの登録は完了。

メタマスクの登録と似ているのでメタマスクをすでに登録している人は迷わずできるでしょう。

「Plug」の基本的な使い方とICPを入金してみた

使い方もめちゃくちゃ簡単で上記にある英数字が自分のICPアドレスになります。

  • Deposit→入金
  • Send→送金(出金)

Swapに関してはまだこれからということで利用できませんが、送受信は普通に行うことができます。

また、NFTなどを持っていれば「NFTs」をクリックすることで見ることも可能です。

僕はまだ持ってないので表示されませんが、もし持っている場合は見てみましょう。

Activityに関しては今までの履歴の確認することができます。

Dfinintyネットワーク自体そこまで活発的ではないので、あまりサービスもありませんが、今後増えてくればAPPsなどに追加されるでしょう。

BinanceからICPをPlugに送金してみた

次に実際にPlugにBinanceを利用してICPを送金してみました。

バイナンス(Binance)の登録から入金まとめ!USDTを送金・出金する方法!

まずBinanceでICPを購入してくてください。

USDT、BUSD、BTC、BNBなどで購入可能です。

購入をしたらBinanceの出金でICPを選択してPlugへ送金をします。

PlugでICPアドレスを取得する場合は、

DepositのICPを選択して、

「From Exchange,DFX,or Account ID」のほうのアドレスを取得しましょう。

おそらく数字だけのアドレスだけです。

コピーをしたらBinanceへ行き出金画面からICPを選択して、

送金数量などを入力して出金ボタンをクリックします。

Binanceの場合は、

  • メール認証
  • スマホ認証
  • Google認証

などが出金時にあるのですべて入力して出金をしましょう。

出金が完了したら数分くらいでPlugへ届きます。

Activityから履歴を確認することができるので、

数量などが間違っていないか確認してください。

以上がBinanceからPlugへICPの送金する方法でした。

Dfinintyネットワークは今後伸びると思う。Plugは導入しておこう

僕は今回はICPネットワークのPunksが出るということで急遽作りました。

結局、人気すぎて最終的には買えてないんですけど、今後Dfinintyネットワークも様々なサービスが出ると思ってます。

Dppsが増えれば盛り上がる可能性も十分ありますからね。

Plugはメタマスクのように利用できるのでメタマスクを利用したことがある人ならすぐに慣れるはずです。

この機会に簡単ですので、作成してみてください。

では今回はこれでとしみつでした!